「パス」に込められたメッセージ ブラジル戦データに見る日本代表の狙いと現在地

写真拡大 (全3枚)

【サッカー「データ論」|第1回 パス】1試合で最も多いプレーに表れるスタイルの違い

 現地時間12月1日(日本時間2日午前0時)、ロシア・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が行われる。

 思い起こせば2014年ブラジルW杯では日本代表の不甲斐なさと対照的に、優勝したドイツ代表の強さが印象的だった。その陰の立役者となったのが、テクノロジーだ。これまで人間の目視で取得可能な1試合の全プレー数は2000〜2500。しかし最新のトラッキングシステムで取得するデータの数は4000万とも言われている。それだけのプレー数をリアルタイムで解析可能なテクノロジーと、それを活用する人の英知がドイツ代表の強さの一つだったというわけだ。

 現在の日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督の言葉の中にも、データは多く潜んでいる。デュエル、インテンシティー、ポゼッション率、体脂肪率……数値に置き換えられるサッカー用語が、頻繁に聞かれるようになってきた。サッカーとデータ、その定義と意味合いについて解説していきたい。

 サッカーのデータを作成する時に、取得する主なデータにはシュートやドリブル、パス、クリアなど様々な項目がある。これらをいつ、誰が、どこで行ったのかを記録するだけで前述のように2000〜2500のプレー数が取得できる。そしてそれらのプレーは成功したのか失敗したのか。どういう局面で誰は成功することが多く、誰はそうでないのか。2000強のデータであっても分析のテーマによって、その抽出の仕方、組み合わせの仕方は無限大だ。

 これらのデータの中で最も多く行われるプレーはパスだ。サッカーは縦105m×横68mのピッチの中で、相手より1点でも多く取ったチームが勝ちとなる競技だ。得点を取るためには相手ゴールにボールを蹴りこむことになるわけだが、相手ゴールには手を使うことが唯一許されたGKが立ちはだかり、相手DFもその周辺を必死で守る。その状況で得点を奪うためには、いかに相手ゴールに近いところで、相手選手の対応が困難な状況を作り上げてシュートするかが求められる。

 よく言われることだが、ボールが疲れることはない。さらに人の移動スピードよりも速い。従って相手のゴール前に効率良く運ぶためには、パスというプレーはとても有効だ。時折アクセントにドリブルを交えながらもパスというプレーを選択することは、必然的に増えてくる。そんな最も多く使われるパスというプレーのデータを考えてみたいと思う。

1試合のパス総数は1000本前後

 データを入力する時の「パス」の定義は、対戦する二つのチームのうち一方のチームのボールを保持している選手が、同じチームの選手に頭、手を除くその他の部位で自分の保持しているボールを渡すプレーを指す。そのパスは、部位:右足、左足、距離:ショート、ミドル、ロング、方向:バックパス、横パス、縦パス、タッチ数:ダイレクトパス、2タッチ以上、パスの質:浮き球、グラウンダー、さらにパスに意味合いを持たせスルーパス、クロス、その他セットプレーからのパス等に分けられる。そのようなパスというデータが、成功したか否か、そのパスが誰から誰へのパスだったのかも、パスというプレーからその試合で起きたこと、そのチームの特色などを分析するためには重要だ。

 1試合のパス総数は1000本前後だ。その1000本のパスを巡って、ポゼッション率が50%:50%の場合は500本対500本、30%:70%であれば300本対700本という感じでパスが回ることになる。一般的にパスが多く回るチームの方がパスの成功率は高くなる。

 もちろんパスの本数が多いチーム、成功率が高いチームが試合に必ずしも勝つわけではない。ただし、そのデータを見ることで、対戦した2チームがどんなスタイルを志向していて、その試合で実際にどんな現象が起きていたかを読み解くカギにはなる。

 まだ記憶に新しいという意味で、11月10日にフランスのリールで行われた日本代表対ブラジル代表の試合をパスのデータから分析してみたい。結果はブラジル代表が3-1で勝利した。

明確に示されたハリル流と精度の低さ

 ブラジル代表のパス数は日本代表の1.76倍、成功したパス数で見ると倍以上だ。もしも日本代表がパス回しによって攻撃するスタイルを標榜していたとすれば、ブラジル代表には結果でも内容でも完敗したことになる。しかし、日本代表を率いるハリルホジッチ監督は、再三ポゼッション率を上げることは勝利に直結しないという趣旨の発言をしている。

 データを見れば、やはり現在の日本代表が縦に速いスタイルを志向していることが窺える。全体のパスのうち、縦パスが占める割合は36.8%でブラジルの27.4%を上回る。アタッキングサード(A3)へのパスの比率はブラジル代表の2.4倍、BOX内へのパスの比率は2.7倍も多い。つまり、日本代表は監督の求める縦に速い攻撃というスタイルを忠実に実行していたのが分かる。

 しかし、3-1という結果を見ても現時点で日本代表のスタイルが通用したとは言えない。それは比率ではなく、成功したパスという絶対数を見れば分かる。成功した縦パス数は103本でブラジルが記録した160本の約3分の2だ。アタッキングサード(A3)への成功したパス数100本はブラジル代表の1.2倍だが、BOX内への成功したパス数はブラジルの8割以下だった。

 つまり、相手のゴールに近いエリアにパスを出す意識は高いものの精度は低い、あるいは相手にプレーを読まれていることを示している。一方のブラジルは、しっかりパスを回し、日本の選手を分散、あるいは崩し、ここぞという時に日本にとって嫌なエリアにしっかりパスを通せていたということを示している。

 特筆すべきはミドルパス(10〜25m)の成功率92.1%という数値だ。ショートパス(10m未満)の成功率も90.8%と高いが、ボールの移動距離が長くなっても9割以上の成功率を維持できるというのは、精度はもちろんのこと、パススピードやパスコースを作る動きも重要になってくる。ブラジルの総パス数の約3分の2を占めるミドルパスの成功率の高さは、3-1という得点差以上に大きな差なのかもしれない。

analyzed by ZONE Analyzing Team

データ提供元:Instat

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images