▽藤枝MYFCは23日、FW三好洋央(30)の現役引退を発表した。

▽三好は、2010年にブラウブリッツ秋田でプロデビュー後、2016年に藤枝入り。今シーズンは明治安田生命J3リーグ15試合2ゴール。通算でJ3リーグ92試合23ゴール、天皇杯2試合3ゴールをマークしている。三好はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「今シーズンをもって現役を引退することを決断致しました」

「選手生活8年間決して華やかな選手生活ではありませんでしたが、たくさんの人との出会いに恵まれ、人に生かされ、人に助けられ、多くの愛情を頂いた選手生活でした。秋田で6年間、藤枝で2年間サッカー選手として一社会人としてご指導頂いた数々の監督、コーチ、チームメート、フロントスタッフ、どんな時もスタジアムで声を張り上げ私達選手の背中を押して下さったファン・サポーターの皆様本当にありがとうございました。また、いつも応援してくれた両親、兄弟には本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

「サッカーを始めて23年間たくさんの仲間と汗を流し、切磋琢磨した日々は私にとってかけがえのない日々でした。常に目標を定めそれに向かってクラブ、街、ファン・サポーターが突き進む一体感は特別なものであり、幸せな時間でした。サッカーを通してお世話になったことは、新しく始まる第2の人生で私の微々たる力ではありますが少しずつ恩返ししていけたらと思っております」

「残りの現役生活を自分らしく、チームのために、全力で取り組んでチームの勝利に少しでも貢献できるように頑張っていきたいと思っております。私に関わって下さった全ての皆様本当にありがとうございました」