長崎への完全移籍を決意した徳永。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

 2017年11月23日、FC東京の徳永悠平が来季よりV・ファーレンへ完全移籍することが決定した。FC東京に在籍12年というベテランDFは、新天地の挑戦に向けて以下のようにコメントしている。「このたび、V・ファーレン長崎への移籍を決断しました。最大限の評価と慰留をしていただきながらも、自分の決断を尊重してくれたクラブに感謝しています。みなさんと共に勝利を喜びあったり、結果が出ず悔しい想いをしたり、様々な感情を共有できたこと、その全てが自分にとって幸せな時間だったと感じています。これからも徳永悠平を応援していただけたら嬉しいです。FC東京の更なる発展を願っています。残りの試合、東京の選手として全力で頑張ります!」 

【徳永 悠平(とくなが・ゆうへい)選手プロフィール】ポジション:DF生年月日:1983年9月25日出身:長崎県身長 / 体重:180cm/77kg血液型:A型経歴:国見SSCー国見中-国見高-早稲田大-FC東京代表歴:2001年 U-18日本代表        2002年 U-19日本代表(AFC U-19選手権カタール大会 準優勝)2003年 U-20日本代表(FIFAワールドユースUAE大会 出場)、U-22日本代表2004年 U-23日本代表(アテネオリンピック出場)2005年 ユニバーシアード日本代表(ユニバーシアードイズミル大会 優勝)2009年 日本代表2010年 日本代表2012年 日本代表、U-23日本代表(ロンドンオリンピック ベスト4)※オーバーエイジ枠2013年 日本代表(EAFF東アジアカップ2013 優勝) 

2017年【FC東京】J1リーグ戦23試合出場0得点/カップ戦7試合0得点/天皇杯1試合0得点<通算>J1リーグ戦358試合出場4得点J2リーグ戦37試合出場3得点カップ戦69試合出場1得点天皇杯32試合出場0得点ACL14試合出場1得点