画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニットコムが運営する東京・秋葉原の「パソコン工房 AKIBA STARTUP」にて、顔認識で追っかけ撮影するスマホ用マウント「セルボックス」の展示・実演・販売が始まっている(2018年1月31日まで)。販売価格は9,800円(税込)だ。

セルボックスは、スマートフォンをセットして専用カメラアプリを起動すると、被写体となる人物の顔を追いかけて自動で撮影し続ける自撮り用のスマホマウント。セルボックスは360°回転し、スマートフォンが回りながら、顔認識した被写体を追いかける仕組み。専用アプリはiOS 7.0以降、Android 4.3以降に対応する。

一例として、一人で移動しながら自撮り動画を撮影、セミナー動画などでホワイトボードを画面に収めて撮影したい時などに役立つ。撮影モードは多彩で、動画では通常の撮影とタイムラプス撮影の2種類を選択可能。静止画では、認識した顔が静止するとカウントダウンを始めて自動でシャッターを切る。撮影モードは、シングル、カップル、パーティーなど。パノラマでは、180度と360度のパノラマ撮影が可能。ワイドレンズを使ったような写真を撮る人物パノラマも利用できる。

通信にはBluetooth 4.0を使用。セルボックスはリチウムイオン充電池を内蔵し、約10時間の連続駆動が可能。セルボックスにセットできるスマートフォンの厚さは最大7〜9mmまで、重量は最大200gまで。また、1/4インチネジの三脚にセットでき、本体サイズは直径75mm×高さ46mm、重量は121g。