重度の脳性麻痺者や同程度の重度障がいが四肢にある選手がプレーするパラスポーツ・ボッチャ。ジャックと呼ばれる白い目標球に向かって、赤のボールと青のボールを投げたり転がしたりして、どこまで近づけられるかを競う。対戦型で個人戦、ペア戦(2人同士)、チーム戦(3人同士)があり、障がいの程度と種類によってBC1〜BC4の4クラスに分けられる。


緊張の場面で、若手ながら赤ボールをピタリとつけた中村拓海(中央)

 カーリングと似ているが、ジャックにボールを当てて動かすことができるため、ジャックの後ろに置くボールも有効となり、互いに何手も先を読む力、駆け引き、正確な投球術が求められる。加えて、天然皮革や合成皮革などボールの素材は複数あり、それぞれ転がり方が違うため、どの場面でどのボールを使用するのかも、勝敗を左右する重要なポイントとなる。

 この「究極の頭脳戦」とも呼ばれるボッチャの国際大会「2017ジャパンパラボッチャ競技大会」が11月18日から2日間にわたって、武蔵野総合体育館で開催された。実施したのは、ペア戦とチーム戦。日本でボッチャの国際大会が行なわれるのは初で、「火ノ玉ジャパン」(日本代表チームの愛称)が、世界を牽引する強豪・タイ、ヨーロッパの古豪であるイギリスと熱戦を繰り広げた。

 特に大きな注目を集めたのが、BC1/BC2の日本対タイのチーム戦だ。昨年のリオパラリンピックで日本がこのチーム戦の銀メダルを獲得したことで、一気に競技の知名度が高まった。この時、日本が決勝で敗れた相手が、王者・タイ。今回はそのリベンジを地元で果たす、絶好の機会となった。

 初日はタイのパワーと正確な技術に押され、大差で敗れた日本だったが、最終日の2戦目で意地を見せた。まず日本は杉村英孝(静岡ボッチャ協会)、廣瀬隆喜(西尾レントオール)、藤井友里子(富山ボッチャクラブ)が出場。2点ビハインドで迎えた第3エンド、日本の最後の一投を託された杉村が、まるでジャックに吸い寄せられるような正確なスローを見せる。ここでタイに自分のボールを日本のボールに当てるミスが出て、日本が2点を奪取。同点に追いついた。

 後半に入り、日本は藤井に代わり、19歳の中村拓海(伊丹ボッチャクラブ)を投入。中村は藤井同様、コントロールが難しいとされる上投げだが、味方のボールを押し込むだけでなく、投げたボールもジャックにピタリと寄せる技術力を発揮。さらに廣瀬と杉村が相手のコースを防ぎ、ジャックの裏をとるなど、多彩な攻撃をしかけていく。1点を追いかける最終の第6エンドは、審判がライトを使ってジャックと両チームの距離を測る、まさにミリ単位の攻防に。これを日本が取り、タイブレークへと持ち込んだ。

 タイブレークは、コイントスで先攻・後攻を決め、コート中央のクロスにジャックボールを置いた状態から始める。会場の観客が固唾を飲んで見守る、独特の緊張感が漂う場面でも、日本チームは落ち着いていた。杉村がジャックに寄せ、中村がスペースを作ったところに、廣瀬が絶妙なショットを押し込んで相手にプレッシャーをかける。すると、タイのボールはラインを割ってアウトに。このミスが影響し、日本が勝利。ついに一時間半を超える大接戦に終止符が打たれ、観客からは大きな拍手が送られた。

 これで今年のタイとの戦績を4戦2勝2敗とした日本。キャプテンの杉村は、「これまでタイには大差で敗れて歯が立たないイメージがあったけれど、今年はこれで2勝目。自信に変えていきたい」と話す。

 その一方で、「ただし、隙を見せたらタイには確実にやられてしまう。ミスをなくすよう、個々のスキルを上げていきたい」と気を引き締めていた。ロンドン、リオと2大会連続パラリンピック金メダリストであるタイのパタヤ・テトンは、日本の印象を「(自分たちと)以前ほどの差がなくなり、上達を感じる。戦略とチームワークもいいし、日本は怖いチームになると思う」と語り、健闘を称えた。

 若手期待の選手として代表に抜擢された中村は、試合ごとに成長する姿を見せた。ともに戦った杉村と廣瀬、藤井は、リオの銀メダリスト。偉大な先輩たちのハイレベルなプレーや戦略に、以前は戸惑うことも多かったというが、10月のワールドオープン・バンコク大会では日本代表の一員として金メダルを獲得し、さらに今回のタイ戦でも多くを吸収して自信を深めた。「日本らしいチームワークを発揮して、東京パラリンピックではチーム戦で金メダルを目指したい」と話しており、今後の活躍に期待が高まる。

 リオ後のルール変更で、タイムアウトがなくなり、コーチの指示はエンド間の1分間のみとなった。時間が短い分、選手の考えがより反映されることになり、チーム内のコミュニケーションがさらに重要になる。タイのサムリット・コッシラー監督によると、タイ代表は国の支援のもと、1日6時間、週6日練習をしているといい、この強固な連携基盤が結果につながっていると考えられる。日本の河合俊次総監督は「日本も練習環境をいかに整え、キープしていくかが今後の課題」と話す。

 今回は、ボッチャの普及・発展につながる価値ある大会になった。日本代表の国際競技力を高めることを目指し開催されたものだが、ペア戦、チーム戦とも2試合ずつ行なったのは、ライバルチームを含め、あらゆる戦術データを取るためでもあった。赤ボールと青ボールでスローイングボックスの位置が変わるため、それぞれ選手がどうポジションを変化させ、エンドごとにどういった攻め方をするのかチェックする、というものだ。今回得た情報は、世界との差を縮め、追い越すために大いに活用されることだろう。

 また、今大会は会場にコート1面のみを設置する特別仕様で実施された。コートの周り3方向に仮設スタンドが設置され、観客がより近距離で試合を観戦できる形にした。試合の実況・解説も行なわれ、「観やすい」と好評で、2日間で1000人以上が会場に足を運び、ボッチャの体験会も盛況だった。タイ人選手も「まるで大きな国際大会のようで、エキサイティングだった。観客から力をもらえた」と驚いた様子。廣瀬もまた、「2020年につながる大会になったと思う」と話し、充実した表情を見せていた。

 国内では、肢体不自由特別支援学校の日本一決定戦「ボッチャ甲子園」や、選手が地域で体験会や学校訪問を行なう「ボッチャキャラバン」などを通して、競技人口が増加中だ。

 だが、日本代表に選ばれ、世界で活躍できるのは一握りの選手のみ。若い選手にとって、今回のような大会は海外勢の技術や戦術を盗み、同時にトップアスリートの高い意識を感じられる貴重な機会になる。閉会式では、第2回大会の開催も発表され、ジャパンパラというステージから世界に羽ばたく選手も、これから増えていきそうだ。見れば見るほどハマる、奥深いボッチャに、これからも注目していきたい。

■パラスポーツ 記事一覧>>