海外メディアは日中、中韓関係に改善の兆しが見え、2国間の会談も増えたと伝えている。資料写真。

写真拡大

2017年11月14日、参考消息網によると、海外メディアは「日中、中韓関係に改善の兆しが見え、2国間の会談も増えている」と伝えている。

安倍晋三首相がこれほど短期間のうちに、中国の指導者と相次いで会談するのは初めてだ。日中関係の改善を証明するものだろう。安倍氏は11日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談し、日中が「新たなスタート」を切ることで一致した。2日後、安倍氏は李克強(リー・カーチアン)首相とも会談。関係改善を目指すことを確認した。

李首相は13年の就任後、安倍首相と3度会談している。経済関係で両氏の隔たりは小さいが、域内の問題で共通認識は少なかった。北朝鮮問題で日本は最大限の圧力をかけるよう各国に呼びかけ、中国は対話で解決するよう求めた。

また、韓国・聯合ニュースによると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、李克強首相と会談し、中韓関係の改善を目指すことを確認した。文大統領は「過去の問題に転換点を与える時期がきている。近い将来、中韓は戦略的な協力関係を築くことができると信じている」と述べた。この会談の2日前、文大統領は習主席ともベトナムで会談している。(翻訳・編集/大宮)