ヒューストン・ロケッツのクリス・ポール【写真:Getty Images】

写真拡大

ロケッツのPGポールが208cmの大男をあざ笑うビハインド・ザ・バックを披露

 NBAで2メートルを超える大男を手玉に取るトリッキーなドリブルが炸裂。現役屈指のポイントガードが見せた妙技をリーグ公式ツイッターが動画付きで紹介し、ファンから「反則レベルだ」「6回見てもまだ飽きない」と反響を呼んでいる。

 難しいプレーを簡単にやってのけてこそプロフェッショナル。相手をあざ笑うかのようなトリッキーかつ効率的なプレーでファンを熱狂させたのは、ヒューストン・ロケッツのクリス・ポールだ。

 22日(日本時間23日)のデンバー・ナゲッツ戦。第1クォーター、立ち上がりに3分以上得点が入らずに迎えた攻撃の場面だった。左45度でボールを持ったポールは、味方のスクリーンを使ってゴール下にカットイン。目の前には、自身よりも身長が25センチも高い相手センターのニコラ・ヨキッチが立ちはだかった。すると――。

 ゴール下に走り込んできた味方に合わせて、自身の背中の後ろを通す「ビハインド・ザ・バックパス」をすると見せかけ、すかさずボールを左手でキャッチ。フェイクに引っかかった相手からさらに遠ざかるようにステップバックしてジャンプシュートを放ち、この日のチーム初得点をもたらした。

魅了されたファンは興奮「観客すら騙す男」「ちょっとした手品だ」

 日頃、チームメイトを生かすアシストを量産しているからこそ、完成した熟練のフェイク。何より、流れるような動きからいとも簡単にやってしまうのだから恐れ入る。実況も「なんてフェイクだ!」と叫んだ好プレーを、NBA公式ツイッターは「CP3は詐欺師」とつづり、動画付きで紹介。米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」はポジションのポイントガードと神の意にかけて「Point Gawd」と報じた。映像を見たファンから称賛の声が続々と上がっている。

「反則レベルだ」
「クレイジーだ」
「観客すら騙す男」
「この動画を6回見ても、まだ飽きない」
「テレビで見ていた俺ですらボールを探してしまった」
「ちょっとした手品だ」

 試合は今季自己最多の23得点、12アシストをマークした司令塔ポールの活躍で、ロケッツが125-95で快勝。昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズを上回り、ウェスタン・カンファレンス首位に立っている。悲願の優勝リングを求め、ヒューストンに移籍した32歳。左膝の負傷で1か月戦線を離脱していたが、いよいよエンジンがかかってきた。