八代英輝氏

写真拡大

23日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、弁護士の八代英輝氏が、熊本市議会議員による子連れでの議場入りに、苦言を呈した。

番組では、22日の熊本市議会で起こった騒動を取り上げ、新聞各紙が報じた内容を紹介した。「日刊スポーツ」などの記事によると、当選1回の緒方夕佳市議が、正式な事前連絡をせずに生後7カ月の長男とともに議会を訪れ、議場が混乱する事態になったという。

同記事によれば、熊本市議会では「議員以外は傍聴人とみなす」としており、加えて、傍聴規則で「傍聴人はいかなる事由があっても議場に入ることができない」と定めているとのこと。そこで、緒方市議は妊娠発覚直後、議会事務局に「市議会に赤ちゃんを連れてくることができないか」と相談もしていたと説明。だが、事務局から前向きな返答が得られなかったため、このような行為に及んだということだった。

最終的に、緒方市議が長男を友人に預け、議会は定刻より約40分遅れて開会となった。議会後に緒方市議は取材に応じ、涙を流しながら「(子育てが)社会問題になっているのに、職場では個人的な問題にされてしまう」と訴えていた。

八代氏はまずはじめに、この問題について、地方議会が子育て問題に積極的に取り組むべきであり、「子ども連れでの出席」を認めてもいいのではないか、という見解を示す。

同時に、「敢えて問題提起するために、誰にも言わずに強行しているわけですよね?」と、緒方市議の手法を疑問視。当選1回の新人議員であることを持ち出し、議会のルールをしっかりと理解した上で、こうした行動に打って出たのかどうかが問題だとした。

続けて、「『市議会を敵に回して、涙を流す』ってところがちょっとパフォーマンスに見えて」「もっと正攻法で問題提起して、ダメだったらそれで連れていく、だったらいいんですけど」と、緒方市議の行動の稚拙さを指摘したのだった。

【関連記事】
八代英輝氏 山尾志桜里衆院議員の主張を紹介した報道に「気持ち悪い」と辛辣
八代英輝氏が加計学園問題のさらなる追及に指摘「ただの時間の無駄」
八代英輝氏 米韓首脳晩餐会に元慰安婦を招待した韓国政府を「告げ口外交」と批判