米粉専門教室「hiro-cafe」が話題沸騰中!作業時間10分で作れる米粉パンとは?

写真拡大 (全12枚)

小麦粉に含まれるグルテンが含まれてないため、アレルギーが起こりにくく健康やダイエットによいと、昨今注目を集めている米粉。元々、日本では和菓子の材料として使われてきましたが、製粉技術の向上により、パンやケーキ、麺など、幅広い用途で使われるようになってきているんです。今回は、その米粉を使った話題のパン教室を主催する高橋ヒロさんの新刊「米粉100%のパンとレシピ」(イカロス出版刊)より、ミニ食パンの作り方とアレンジパンメニューをご紹介します。作業時間10分で手軽に作れるので必見ですよ!

元記事を見る>>

米粉と小麦粉の違いはグルテンの有無。タンパク質のグルテニン、グリアジンに水をいれ練ることでグルテンを生成し、パンを膨らませますが米粉にはそれがありません。このグルテンがあるかどうかで作り方や食感がかわってくるのでパン作りに適した米粉を選び、作り方のコツをつかむのが成功のポイント!お米にたくさんの品質があるように、米粉にもたくさんの性質を持つものが各メーカーから販売されているので、特徴を見極めて使っていくのが大切です。

さっそく焼いてみよう!基本のミニ食パンの作り方

ボウルに材料を入れて混ぜるだけ!米粉パンは二次発酵も成形もいらないので、生地を仕込んだら後はオーブンにお任せ。1時間ちょっとで焼きあがります。焼きたてのふわふわをぜひ、味わってください。


■材料 ミニパウンドケーキ型(14×6.5×4.5cm)1個分

A パン用ミズホチカラ(下部★印参照)…100g
A 砂糖…5g
A ドライイースト…1.5g
A 塩…1.5g
お湯(37℃)…85g
油…5g

■事前準備
・型にオーブン用シートを敷く。

■作り方

1、ボウルにAを入れて泡だて器でよく混ぜる。

2、1に小さじ1ぐらいを残したお湯と油を入れてゴムべらで混ぜる。生地の状態を見て、残してあったお湯を少しずつ加える。


3、生地がなめらかになり、ツヤが出るまで2分程度または30回ほどぐるぐるとしっかりかき混ぜる。リボン状の生地が理想。かたい場合はほんの少しずつお湯(分量外)を足す。


4、型に生地を流し入れてしっかりとラップをかける。


5、オーブンの発酵機能を使い35℃で15〜30分程度発酵させる。生地が1.5倍程度にふくらんだらオーブンから取り出す。オーブンを160℃に予熱する。


6、ラップを取り、生地のくっつき防止にオーブン用シートをかぶせる。さらにアルミホイルを二重にかぶせる。

7、アルミホイルをかぶせた型を160℃のオーブンに入れて焼く。オーブンを開けずにそのまま温度を200℃に上げて15分焼く。型からアルミホイルを取って200℃で15分焼く。

8、焼き上がったら型から取り出し、オーブン用シートをはがして網の上で粗熱をとる。


★使用した米粉
焼き上がりの出来はピカイチ。失敗が少なく誰でも作れる「パン用米粉ミズホチカラ」


「ミズホチカラ」は主に熊本県、福岡県で生産されている新規需要米の品種。パン用ミズホチカラはグルテンなしの米粉100%でふわふわのパンを作ることができます。

商品名:パン用米粉 ミズホチカラ 2Kg
価格:1280円〜
問い合わせ先:熊本製粉 TEL 096-355-1821(ネット事業課) 

オンラインショップ「Bears」をチェック>>

amazonをチェック>>

こちらもオススメ!「TOMIZ製菓用米粉」


製菓用の米粉なのでお菓子作りにとても向いています。パンを作る場合はタピオカ澱粉やマイプラス(α米)を加えるとふんわりとしたパンを焼くことができます。

商品名:製菓用米粉
価格:615円〜
問い合わせ先:TOMIZ( 富澤商店) TEL 042-776-6488(代表)

オンラインショップ「TOMIZ 富澤商店」をチェック>>

楽天市場をチェック>>

1時間ちょっとで焼けてしまう米粉パンなら朝起きてから準備してもOK!
続いて週末のブランチにぴったりのミニ食パンを使ったアレンジホットドッグをご紹介します。

「ホットドッグケチャップマスタード」&「アスパラガスのベジドッグくるみ味噌ディップ」

ミニパウンドケーキ型で作るミニ食パンは食べ切りサイズ。市販のホットドッグぐらいの大きさなのでいろいろアレンジ可能。


ホットドッグケチャップマスタード

■材料 1個分

基本のミニ食パン…1個
キャベツ…適量
ソーセージ…1本
お好みでケチャップ…適量
お好みで粒マスタード…適量
パセリ…少々

■作り方

1、パンに縦半分に切り込みを入れる。キャベツをせん切りにする。パセリはみじん切りにする。
2、パンの中にキャベツを入れ、焼いた、または茹でたソーセージをのせ、お好みでケチャップやマスタードをかけ、パセリを振る。

アスパラガスのベジドッグくるみ味噌ディップ

■材料 1個分

基本のミニ食パン…1個
アスパラガス…3本
(くるみ味噌)
ローストくるみ…15g
味噌…15g
砂糖…小さじ1/2
バター(有塩)…10g
ピンクペッパー…少々

■作り方

1、パンに縦半分に切り込みを入れる。
2、アスパラガスは根元から1/3ほど皮をむく。フライパンに油(分量外)を熱し、アスパラガスを炒めて火を通す。
3、くるみをポリ袋に入れ綿棒で叩き小さく砕く。ボウルにくるみと味噌と砂糖を入れて混ぜ合わせる。
4、パンにバターとくるみ味噌を塗り、2をのせてピンクペッパーを散らす。

いかがでしたか?米粉パンは思い立ったらすぐ作れちゃうほど実は簡単なんです。材料はパン用ミズホチカラとドライイーストと砂糖、塩、お湯そして油だけ。成形も二次発酵もいりません。本書では他にも惣菜パンや蒸しパンなどのアレンジ編や、料理やおやつのレシピも収録されています。ごはんを炊くように米粉でパンや料理を作って楽しんでみてくださいね!


『サクッと手作りグルテンフリー 作業時間10分 米粉100%のパンとレシピ』
高橋ヒロ(著)

思い立ったらすぐ作れる米粉パン。材料を用意してぐるぐる混ぜたらあとはオーブンにおまかせ。成形も二次発酵もいりません。作業時間はたった10分のお手軽さに、教室ではいつも驚きの声が上がります。お菓子を作るのも米粉で気軽にできます。お料理ならもっと簡単で、小麦粉を使うところを米粉に置き換えるだけ。ごはんを炊くようにパンや料理が作れてしまうんです。本書では米粉パン55種類、米粉を使って作るおやつ35種類、米粉のおかず14種類、計104のレシピを掲載しています。

詳しくはこちら>>


hiro(高橋ヒロ)さんのプロフィール>>

米粉専門教室hiro-cafe主宰、グルテンフリー&米粉講師、フードコーディネーター、キッズ食育トレーナー、Jr.野菜ソムリエ。大学を卒業後大手旅行会社、IT企業等で勤務、かたわらで料理を学びフードコーディネーターとしての活動を開始。自身の子どものアレルギーをきっかけに、食育や特に米粉の活用に取り組み、現在は米粉関連の活動に専念、常に満席が続く米粉教室を開催中。

協力・画像提供:イカロス出版(http://www.ikaros.jp/index.php)
撮影:佐藤朗
スタイリング:木村遥