『オリエント急行殺人事件』より。名探偵ポアロ役を演じるケネス・ブラナー (C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

写真拡大

アガサ・クリスティの傑作ミステリーを映画化した『オリエント急行殺人事件』で、監督と主人公の名探偵ポアロ役を兼任したケネス・ブラナーが来日することがわかった。

草刈正雄、映画『オリエント急行殺人事件』吹替えで名探偵ポアロ演じる

ブラナーは、誰もが知る物語に新たな解釈を加えて現代に甦らせた実写版『シンデレラ』を世界的な大ヒットに導いたことが記憶に新しいが、監督と主演を兼任した『ヘンリー五世』(1989年)でもアカデミー賞監督賞と主演男優賞にWノミネートされるなど、俳優と監督、両方で高評価を得ている人物だ。

そんなブラナーが、自信作である本作を引っさげ来日。12月5日に都内で行われるプレミアイベントへ参加することが緊急決定した。

このイベントには、ポアロの日本語吹替版声優をつとめる草刈正雄と、ジュディ・デンチ演じるドラゴミロフ公爵夫人の吹替版声優をつとめた山村紅葉の登壇も決定。日米の名優たちの対面が実現する。ブラナーについて草刈は「すごい才能を持った方だから、いろいろと聞いてみたいと思います。監督もやってらっしゃるし、俳優としても素晴らしい才能を持っているし、楽しみです」とコメント。

一方、ブラナーも、一足早く開催されたワールドプレミアで「日本のみなさんが殺人ミステリー、特にアガサ・クリスティが大好きで、中でもエルキュール・ポワロ、オリエント急行殺人事件がお気に入りなのだと知っていますよ。一同、この新作を大変誇りに思っています。日本のファンに楽しんでもらえますように!」と話している。

『オリエント急行殺人事件』は12月8日より全国公開となる。