TOKIO 松岡昌宏、城島茂が女性にモテる理由を解説 「最近はね、哀愁で売ってるのよ」

写真拡大

 『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の11月22日放送回では、菅田将暉と桐谷健太をゲストに迎え、「聞きづらいこと聞いてみましたSP」がオンエアされた。

参考:TOKIO 城島茂、空港で行方不明になり大騒動 国分「引田天功じゃん」

 まず最初に出された「女性に言われて一番ショックだったことは?」というトークテーマでは、桐谷健太が高校生時代に気になっていた女の子とポケベルでやりとりしていた際に、「アナタノコト アイシテヌ」というメッセージをもらったというエピソードを披露。掴みどころのないトークにTOKIOメンバーが困惑すると、桐谷がたまらず「この話、もうやめる?」と提案。国分太一が「アイドルが作るような話はいらない」と厳しくツッコミを入れると、桐谷は「TOKIOカケルってこんな番組なんや」と動揺を見せた。

 続いて、「東京に魂売ってない?」というトークテーマでは、松岡昌宏が「デビュー前にこの人(城島茂)、彼女と喋ってる時に急に怒り出してたよね」と、当時の城島のモノマネを披露。桐谷が「長瀬くんに『リーダーはTOKIOの中でも一番女の子にモテる』(と聞いた)」と語ると、松岡が納得しながら「最近はね、哀愁で売ってるのよ」とモテる理由を説明した。

 番組の後半では、桐谷と菅田が大阪の心を忘れていないか判定する企画「火花を散らせ大阪男子対決」が行われた。関西ならではの上手い言い訳を考えたほうが勝者となる「大阪男子 言い訳対決」では、菅田が「もしも彼女と部屋にいる時にオナラをしてしまったら」というシチュエーションに挑戦。ゲーム終了後には「あんだけ(オナラを)こき続けるとしんどいですね」とゲームの難しさを語ると、松岡は「この番組もいよいよオナラで笑いを取り出したな」とコメントした。

 次回、11月29日の放送回では、大泉洋がゲスト出演する。(文=向原康太)