11月22日放送の「TOKIOカケル」に桐谷健太がゲスト出演/(C)フジテレビ

写真拡大

11月22日放送の「TOKIOカケル」(フジ系)に桐谷健太がゲスト出演。関西弁にまつわる悩みについて打ち明ける場面があった。

【写真を見る】大阪市出身の桐谷は「基本、ふだん関西弁やし…」と、地元への揺るぎない愛情をアピールするが…

東京で活躍する関西人に対してよくいわれるのが「東京に魂を売った」というフレーズ。冗談交じりのフレーズだが、地元愛の強さの表われでもある。

大阪市出身の桐谷は「基本、ふだん関西弁やし…」と、地元への揺るぎない愛情をアピール。だが、18歳の時に上京した桐谷も、37歳となった今では「(人生の)半分以上」を東京で過ごしている。

日常の会話でついつい標準語を使うこともあるらしく、大阪の友人たちと話している時に「たまにポロッと標準語が出た時は、みんなめっちゃ寂しそうな顔する」と桐谷。自身も「『いいじゃん!』みたいなのを言うてまうと、『じゃん』言うてもうた…」とブルーな気持ちになるとか。

その気まずさを打ち消すために「そっからけっこう濃いめの大阪弁」を必死に使うこともある、と桐谷は打ち明けた。

次回、11月29日(水)放送予定の「TOKIOカケル」のゲストは大泉洋。(ザテレビジョン)