スバルが2021年をめどに、EVを群馬製作所で生産、国内発売する方針を固めたそうです。

新聞報道によると、レガシィアウトバック、フォレスター、インプレッサのEV版を開発しているそうで、同社の吉永社長によると、モーター車の特徴を活かした「走りの楽しいEV」を目指すとしており、トヨタ自動車の技術支援の元、PHVについても2018年までに市販する考えのようです。

以前お伝えしたとおり、欧米の環境規制強化などを背景に、新たなエンジン開発に伴う負担の大きさを踏まえ、同社は電動車開発に経営資源を集中する意向で、2020年度をめどにディーゼルエンジン車の製造・販売を中止する方針を固めています。

ホンダも2020年に短距離移動に適した小型EVを市販すると表明しており、今後は自動車各社における電動車開発のいっそうの競争激化が予想されます。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

テスラ初となるEVトラック「セミ」と新型「ロードスター」を一挙公開!
https://clicccar.com/2017/11/20/533145/

海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?
https://clicccar.com/2017/11/07/529467/

「EV開発」を加速! スバルが2020年をめどにディーゼルエンジン車から撤退
https://clicccar.com/2017/09/08/508526/

トヨタとマツダの資本提携で「走り好き」に訴求するEVが実現する!?
https://clicccar.com/2017/08/06/499136/

トヨタ初の量産EVは「C-HR」ベース。2022年に本格EV投入か?
https://clicccar.com/2017/07/29/496525/

スバルのEV第一弾は既存モデルベース? 2021年をめどに国内で生産・発売(http://clicccar.com/2017/11/23/534277/)