酒気帯び運転の男性巡査を書類送検「見つかることはないと思った」

ざっくり言うと

  • 奈良県警は22日、道交法違反容疑で24歳の男性巡査を書類送検した
  • 「見つかることはないと思い、昨年夏ごろから飲酒運転していた」と供述
  • 県警は停職6カ月の懲戒処分を下したが、巡査は同日付で依願退職した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング