11月22日放送の「ナカイの窓」で、バカリズムが“理想の恋人”と共に出演。2人のラブラブな日常を披露した

写真拡大

11月22日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、バカリズムが“理想の恋人”との日常生活を妄想し、その幸せそうな様子に中居正広も共感する場面があった。

【写真を見る】バカリズムと理想の彼女とのラブラブな日常を聞いた中居正広は「よく分かんないけど…最高の子だよね」

この日の企画は、ゲストが恋愛にまつわる妄想トークを繰り広げる「理想の窓」。オーディションで入念に選び抜かれた理想の恋人役を相手に、ゲストそれぞれが思い描く恋人同士の日常を披露し合う、というもの。

バカリズムは、カフェ店員という設定の恋人役・よしえちゃんと共にスタジオに登場。

2人の同居生活を妄想しながら、スーパーで買い物をして帰ってきた恋人が「鮮魚売り場の人がまけてくれた」などと何げない話をしている瞬間が幸せ、とバカリズムは告白する。

さらに、食事の後で自分が食器を洗おうとすると彼女が「自分がやる」と言い出す光景を思い浮かべて、「(どちらも自分が洗うと言っている)せめぎ合いのバランスがすごくいい感じなんですよ」とバカリズムはニンマリ。

最初はゲストたちの妄想トークを半ばあきれながら聞いていた中居も、バカリズムの日常の描写を聞いて「よく分かんないけど…最高の子だよね」「そんな子いたら最高だよ!」と大きくうなずく。

ちなみによしえちゃんを演じた田中えみは、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」、「シン・ゴジラ」(いずれも2016年)といった話題の映画にも出演を果たす女優。現在、「コウノドリ」(毎週金曜TBS系)や「要博士の異常な映画愛〜勝手にセリフ変えてみました〜」(毎週月曜テレビ東京系)に出演している。

次回11月29日(水)はゲストMCに滝沢カレンを迎え、「DIYにハマり過ぎな人たち」が集合する。(ザテレビジョン)