おおぎやラーメンコラボなどの企画で人気を博した盛田だが、今季限りでの退団となってしまった。(C) J.LEGUE PHOTOS

写真拡大

 J2のザスパクサツ群馬は11月22日、FW永井雄一郎、MF村田翔、FW盛田剛平の3選手の退団を発表した。永井は今季2試合・0得点、村田は同2試合・0得点、盛田は同10試合・0得点に終わっている。

 3選手はクラブ公式サイトを通じて、それぞれ以下のコメントを残している。

 永井は「3年間、ありがとうございました。ザスパでプレーするきっかけを作ってくれた氏家GM補佐、そしてそのチャンスをくださった菅原元GM、には感謝しています。そして自分を応援してくださったサポーターの皆さん、ありがとうございました」と、サポーターとともに群馬加入への道を開いたクラブ幹部への感謝を述べた。

 今季加入した村田は、「尊敬できるベテラン、最高の同期、あたたかいファン・サポーターの皆様。群馬での生活、悔しい思いの方が多かったですが、最高でした!
反逆のTAKE2はまだ終わっていません。また、会いましょう!」と、今後の巻き返しを誓った。

 また、クラブが“ラーメン師範”としてピッチ外での活躍に感謝の意を示した盛田は、「この1年間、ピッチ上でチームに全く貢献できなかったこと、ほんとに申し訳なく思います。でも、この悔しいという気持ちがある限り、また来季も現役でチャレンジしたいと思ってます。おおぎやラーメンコラボ第2弾ができないのが、ほんと悔やまれるところではありますが、皆さん、1年間ありがとうございました!! 師範盛田」と述べ、現役続行を希望するとともに、ピッチ内外での活動を振り返った。