ジャニーズのドラマ出演は、いまや当たり前のことになっている。だが、グループのメンバー全員が出演する作品となると話は少し違ってくるだろう。近年のジャニーズのドラマ出演は、グループに所属していたとしてもソロの場合がほとんどだからだ。

 その意味で、ジャニーズWESTのメンバー全員が出演するNetflixオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』は、最近では珍しいケースと言っていい。1980年代にヒットした島本和彦の少年熱血漫画『炎の転校生』をもとに、新たにストーリーを書き下ろした学園ドラマである。多くのファンを持つ島本作品がジャニーズ主演でどのように実写ドラマ化されるのか、まずそこに興味をそそられる。

(参考:ジャニーズWEST、3年でどう変化した? デビュー記念日にファンが抱く“特別な思い”

 加えて今回特筆すべきなのは、この作品がジャニーズ初のネットオリジナルのドラマ、つまりテレビとの連動はせずネットのみで配信されるということである。近年はそうしたインターネットドラマも徐々に増えてきているが、ジャニーズ主演という意味では初めてということになる。

 そのことは、ジャニーズとネットの関係という点でも注目されるだろう。

 周知のように、ネットとは一定の距離を置いてきたジャニーズのこれまでの経緯を踏まえると、今回の『炎の転校生 REBORN』のネット限定での配信という選択には、ジャニーズのネットとの関わり方が変わろうとしているのではないかと思わせるものがある。

 ただし、『炎の転校生 REBORN』は、あくまでコンテンツとしての面白さを追求したものだ。つまり、一個の完結した作品であり、その限りでは地上波のドラマと変わりはない。

 しかしもう一方で、海外190か国に配信されるのはネットならではのことである。当然、作品づくりも日本だけでなく外国の視聴者も意識したものになる。

 それはまず、原作のチョイスに表れていると言えるかもしれない。『炎の転校生』は、ド派手なアクションと突き抜けた発想が生み出す理屈抜きの面白さが魅力の作品である。ジャニーズWESTの歌う主題歌のタイトル通り、「考えるな、燃えろ!!」というわけだ。その点、海外の視聴者にとってもわかりやすく、入り込みやすい面があるに違いない。

 もちろん、それでも言葉や文化の壁が完全になくなるわけではないだろう。だがそこは海外向けということを意識しすぎず、原作の持つ圧倒的な熱量を生かしながら、とにかく誰にでも楽しめる作品づくりに徹しているのが感じられる。

 バラエティ、ドラマと手広く手掛ける李闘士男(藤井流星、神山智洋が出演した『アゲイン!!』(MBS、2014年)の監督でもある)の演出はスピード感あふれテンポも良く、また回毎の作風もスポ根もの、ゾンビもの、ヤンキーもの、さらには時代劇調とバリエーションに富み、見る側を終始飽きさせない。また校長役が人間ではなく人形(声は鹿賀丈史)であったり、「シャキーン」とか「ギャー!!」など漫画のオノマトペがそのままテロップで画面に大きく出たりするなど遊び心も満載だ。最終話の意外な“大オチ”(ここではあえて触れない)も、そのひとつだろう。

 そうしたなかで、ジャニーズWESTの7人も躍動している。

 今回のドラマでは、原作の主人公が年を経ていまは「種火学園」という高校の校長となっている設定だ。そこに集められた「駆(かける)」という偶然同じ名前を持つ7人の高校生がジャニーズWESTの役どころである。

 桐山照史は名古屋弁を話す時代劇好きの熱血漢、中間淳太はIQ180という頭脳を持つ常に冷静なメガネ男子、神山智洋は弱虫だが泣くと異常なパワーを発揮する甘えん坊、藤井流星は金髪ロン毛の美形で自分も大の「美しい男子」好き、霤朕鰺気魯椒サーで戦闘能力も高いが融通の利かない堅物、小瀧望は昔懐かしいリーゼントのトサカ頭で滅法ケンカの強いヤンキー。こうした漫画からそのまま抜け出てきたような個性的なキャラクター揃いのなかにあって、重岡大毅だけは川島海荷扮する女子生徒に一目ぼれしてしまうごく「フツー」の高校生だが、これも見方によっては少年漫画の典型的な主人公キャラだ。そんな彼らが、怪しげな高校に転校生として潜入し、問題を解決していく。

 毎回、彼らひとり一人に見せ場があるのも見どころだ。たとえば、実は熟女好きの一面がある甘えん坊役の神山智洋が、好きになった悪役生徒の母親と繰り広げるなんとも言えない濃い芝居は一見の価値があるし、アクションシーンでは際立って格好良い役の濱田崇裕が見せる「おバカ」な一面も笑いを誘われる。クールな頭脳派役の中間淳太が苦手の運動会で意外な活躍を見せる場面も少年漫画的熱い展開に上手くはまっている。とにかく7人全員が与えられたキャラクターを迷いなく全力でやり切っていて、それが心地よい。

 その一方で、彼らの役名は「シゲオカ駆」「キリヤマ駆」「ナカマ駆」など、全員の名字が本人そのままになっている。当然それぞれのキャラクターは創作されたものだが、ドラマのなかで「カミヤマくん」とか「フジイくん」とか呼び合ったりしている場面があると、現実のジャニーズWESTにも自ずと重なって見える。そうしたこともあって、ふとした瞬間に本来のアイドルとしての魅力、グループの一体感がにじみ出て、それがこのドラマの隠し味にもなっている。

 今年の4月でCDデビュー3周年を迎えたジャニーズWESTだが、デビュー曲「ええじゃないか」などの曲調や関西出身のノリの良さもあって“お祭り”のイメージは強い。その点、今回のようないかにも現実離れしたキャラクターが活躍するコメディドラマはぴったりだろう。ドラマの随所に挟まれるメンバー同士のボケ、ツッコミのトーンや間合いの良さも光る。そのように全員がキャラクター的なコミカルさを表現できることは、得難い武器である。

 とは言え、彼らの演技は明るさ一辺倒なわけではない。小瀧望扮する「コタキ駆」がヤンキー女子との、桐山照史扮する「キリヤマ駆」がタイムスリップした江戸時代の町娘との恋愛絡みの場面でそれぞれが醸し出す切なさ、藤井流星扮する「フジイ駆」が肥満児であった過去をコンプレックスではなく親からの愛の証しであると切々と訴える場面の説得力、重岡大毅扮する「シゲオカ駆」が一人だけ「フツー」の高校生であるがゆえに時おり浮かべる戸惑いの表情の真実味など、全体が能天気なまでに明るいこのドラマのなかでは、逆に深く印象に残る。

 ジャニーズWESTの本質的な魅力、それはこのふり幅の大きさにあるのではなかろうか。光が強烈であればあるほど、そこにできる影も鮮やかさを増す。そのふり幅から感じ取れる類まれなスケール感こそがジャニーズWESTの持つ可能性であり、そこに今回彼らがジャニーズとワールドワイドなネットをつなぐ大切な役割を任された理由もあるように思える。(太田省一)