ネットが発達し、中国でも日本に関する情報を容易に得ることができるようになったが、それでも日本に対する誤解は数多く存在する。たとえば「日本人は中国人を差別している」、「日本人は中国を軽視していて、日本では中国人は差別を受ける」といったものがある。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 ネットが発達し、中国でも日本に関する情報を容易に得ることができるようになったが、それでも日本に対する誤解は数多く存在する。たとえば「日本人は中国人を差別している」、「日本人は中国を軽視していて、日本では中国人は差別を受ける」といったものがある。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、多くの中国人は「日本人は中国人を軽視し、差別している」と考えていると紹介する一方、こうした考え方は果たして真実なのか、多くの日本人の中国人に対する見方について考察する記事を掲載した。

 記事はまず、歴史問題や政治などを理由に、中国人の多くは「我々がこれだけ日本人を嫌っているのだから、多くの日本人が中国人を嫌っているのだろう」と考えていると紹介。そして、こうした考え方が「日本で中国人は差別を受ける」という考え方につながっていると伝える一方、実際に日本に住んでいる中国人の見解として「日本で中国人は差別を受ける」という考え方が事実なのかどうかを考察した。

 続けて、日本で学ぶ留学生の見解として「日本語が不自由だった時は、アルバイトでも怒られてばかりだった」とし、その当時は日本人は自分を見下しているのだと思っていたとしつつも、日本語が上達して意思疎通ができるようになり、自分で問題を解決できるようになると周りの日本人は話しかけてくれるようになり、助けてくれるようになったとし、「これは日本人が自分の努力を認め、他人に迷惑をかけない態度を認めてくれたから」だと論じた。

 また学業上でも差別を受けたり、軽視されたことはないと伝え、「中国人は日本で差別を受ける」という論調は間違っていると指摘。中国人だから軽視されるのではなく、日本では秩序を乱すなど「間違った行動を取る人が軽視されるのだ」と主張。そこには国籍や人種は関係ないとし、たとえ日本人でも秩序を乱したり、周りに迷惑をかける人は軽視されることになると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)