SOCIAL ROBOTICSが開発している飲食店用ロボット

写真拡大

 ロボットと人が共生する時代が近づいている。生活の中で活躍するロボットの“あるべき姿”とは何か。デザインにこだわりロボットの開発を進める起業家2人に、想いを聞いた。

小山久枝VECTOR社長
 -ロボットのデザインでどんな点を重視していますか。
 「当社では自動車メーカーで長年活躍したデザイナー(VECTOR創業メンバーの大熊栄一氏)が、デザイン業務を担当しています。数十万台規模で売れるモノを手がける中で得た経験値は、大きいと思います。結果として、当社から出てくるロボットの外観は一風変わっています。一般的にロボットの設計では、機構の美しさが重視されがちです。例えばアクチュエーターの動きがよく見えるように、あえてカバーをつけないこともあります。これに対し、当社はデザインを先に考えます。形にこだわり、まず絵を描き、それに合わせて製品を作る流れです。自動車と似た方式であり、他のロボットとは大きく異なるのではないでしょうか」

 -そうしたやり方にこだわる理由は。
 「優れたデザインの車に対して『乗ってみたい』と人が反応するように、『触ってみたい』『使ってみたい』と思わせることが狙いです。『難しそう』と思わせてはいけません。『私にもできるかも』と人が自然に惹きつけられるようなロボットが理想です。そのためには、人間に歩み寄ったデザインが必要だと思います」

 「また、ロボットはあくまで“道具”ということも大事です。その意味では『かっこいい』とか『部屋に飾ってみたい』ではダメで、やはり『使ってみたい』でないといけません」

 -小山社長の女性ならではの視点も製品に反映されていると思います。デザイナーにはどんな要望を出していますか。
 「ロボットの開発はどちらかというと男の世界です。一方、ロボットの活用が期待されているのは、家庭や介護現場など女性が主に活躍する分野です。家事などの経験も活かしながら、ニーズに合ったロボットを生み出したいと思っています。デザイナーには、最初に絵を描く段階で、なるべく使う人や場面なども描くように言っています。初めからその部分を真剣に考えないと、製品サイズなどが場違いになってしまいます。例えばカフェの中で使うロボットなら、開発を始める時にまずお客さんや店員の動きを考えないといけません」
 
 -課題はどこにありますか。
 「家庭や介護現場では、ユーザーは技術者ではありません。実証実験では、誤操作により故障してしまうこともありました。ユーザーが悪かったのではなく、だれでも簡単に間違えずに使えるような工夫・改良が必要だと思っています」

【略歴】
 小山久枝(こやま・ひさえ)1955年生まれ。出版社、編集プロダクションなどでの勤務を経て、2010年に自動車デザイナーの大熊栄一氏らとVECTORを設立。同社では工業デザイン、商業デザインの企画などを手がける。また、2015年からは菊池製作所、首都大学東京と共同で立ち上げたSOCIAL ROBOTICSの社長として、生活支援ロボット、案内ロボットなどの開発を進めている。山梨県出身。

松井龍哉フラワー・ロボティクス社長
 -ロボットのデザインで重視している点は。
 「英語で『design』の意味は、構造設計やプログラミングなども含む非常に幅広いものです。外観、意匠といった要素だけではありません。工業デザインはキャラクターデザインなどとは全く異なるものです。その上で話をすると、良いデザインを生むのに必要なのは、製品がどういう用途で使われるかを開発側がしっかり考えることだと思います。例えば産業用ロボットならば、工場という空間の中でどう動けば“正解”かを、まず明確化すべきです。そして、設定した正解と設計をマッチングする作業がデザインです。“どんな技術をどれくらいの頻度で使うか”によって、ソフトウエア、アクチュエーター、センサー、インターフェース(人との接点)のあり方などが自然と決まり、製品の姿が形作られていきます。その意味では、製品の使われ方と稼働環境が、初めから最良のデザインを知っていると言えます」