毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。明日放送の第47話では、てん(葵わかな)が父・儀兵衛(遠藤憲一)の死を乗り越える。

参考:遠藤憲一、クスリとさせる独特の面白さ 『わろてんか』“ギョロ目の鬼さん”の魅力

 第46話では、てん(葵わかな)の元に風太(濱田岳)が現れ、てんの父・儀兵衛(遠藤憲一)の死を告げる場面が描かれた。第47話では、父の死のショックを乗り越え、てんが再び寄席の商売に身を入れて働く姿を見た風太は、安心して京都に戻って行く。しかし今度は、京都からおトキ(徳永えり)が突然やって来る。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性・藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、濱田岳、広瀬アリス、徳永えり、大野拓朗、前野朋哉、兵藤大樹、藤井隆、内場勝則、高橋一生、鈴木保奈美、鈴木京香、竹下景子、遠藤憲一らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)