<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇22日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>
開幕前から「フル参戦して3年目ですし、3度目の正直じゃないけどリコーカップに出たい」と話していた青木瀬令奈。その念願が今年の6月に行われた「ヨネックスレディス」で優勝したことで叶い、宮崎カントリークラブのティグラウンドに立てることが決まった。
枕をぎゅっ!リラックスモードの青木瀬令奈
だが、ここにきて体調に異変がでている。最初に異変が起きたのは「TOTOジャパンクラシック」の最終日。突然めまいに襲われた。原因は分からないまま、その翌週の「伊藤園レディス」に出場したが、めまいは治らず体調不良により棄権。先週の「大王製紙エリエールレディス」でも、4日間とも状態は芳しくなかったという。
棄権した伊藤園-の後、色々な検査を行ったが、今でもはっきりしたことは分かっていない。症状が一番近いものは『メニエール病(激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患)』だが、「私の場合は基本的には座ってると大丈夫だし、耳鳴りもない。歩いてるときや動きだしのときにクラっとくるんです。なのでゴルフしてるときはずっとめまいがある」。今年メニエール病と診断された三ヶ島かなが、「突然来て4ホールくらい続くときがある。耳が聞こえなくなったりする」と話していたのとは、異なる部分も少なくない。
とは言え、昨年、出場資格となる25位に僅か2つ足りずに涙を飲んだ舞台にようやく立てる。「やっと出られます。ゴルフ自体の調子は良いので、楽しくできたら。4日間何もなく回りたいですね」。これが終われば一段落。不安はぬぐえないが、最終戦に全ての力を注ぎこむ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

日米共催ならでは!伸ばし合いで育んだ青木瀬令奈とS・J・スミスの友情
勝って賞金女王決める!鈴木愛「6位ではなく優勝を」
女王、MVPはなくとも…イ・ボミ、最終戦へのモチベーション
青木瀬令奈、憧れの人とのラウンドに「ギャラリーになってた(笑)」
真っ赤なハイヒールで大人っぽく!青木瀬令奈のフォトギャラリー