名取裕子×麻生祐未、4年ぶりのタッグ!凸凹刑事コンビに

写真拡大

テレビ東京系2018年1月クールの「金曜8時のドラマ」枠が決定。名取裕子と麻生祐未が主演を務める『カクホの女〜神奈川県警・特命捜査〜』が放送されることがわかった。

本作では、警視庁でずっと内勤だった人事畑のエリート警官・北条百合子(名取)と、現場でずっと事件と戦ってきた叩き上げの刑事・三浦亜矢(麻生)の、価値観も得意分野も真逆の凸凹コンビが犯人をカクホ(確保)する様子が描かれる。警視庁から神奈川県警への通常ではありえない異動になった百合子に課せられた“特命”とは……。

作品について、名取は「私達の世代、大人、もしくは高齢者が楽しめる、情と、義と、理のある、見た後にスカっとして、毎日を前向きに生きることの糧にしていただけるような、年を重ねていくことに誇りをもてるようなドラマにしたいです」と意気込みを語り、「大人の皆様、どうぞお楽しみに」とメッセージを送った。

そして、2014年に同枠で放送された『マルホの女〜保険犯罪調査員〜』で名取とタッグを組んだ麻生は、「再び名取さんとご一緒できることになり、とても光栄です」と喜ぶ一方、「ただ、物語の中では、私が演じる亜矢の方が先輩風を吹かせて偉そうに命令したりするので、少々心配ですが……」と不安顔。

また、「毎回起こる殺人事件にまつわる人間模様を感動的に描きながら、私達を巻き込んだ大きな謎が展開していきます。50代の亜矢にしては、余りにもスリルあふれる毎日ですが、軽やかに、人付き合い上手く、自分に都合よく、全力を出さずにテキトーに、事件に関わっていくことでしょう」とコメントし、「ちょっと変わった刑事ドラマになるのでは、という気がしています」と期待を寄せていた。