iPhone X購入前、そして購入後にもおすすめ。XならではのTipsをまとめてみました
11月3日の発売以降、いまだに大人気のiPhone X(アイフォーン・テン)。Engadget読者の中にも、いまだに「予約したけれども受け取り待ちで、待ちきれない!!」という方も多いと思います。

iPhone Xは言うまでもなく特徴の多いモデルですが、実際に使ってみて大きな変化だな、と思う点の一つが、これまでのiPhoneで定番となっていた外観や基本操作を大幅に変えたこと。

とくにホームボタンの廃止による「画面下端で上や左右へフリック・スワイプする操作」や"右上から下ろす"コントロールセンター表示などは、これまでとは大きく異なるために、慣れるまでは戸惑うこともあります。

ここでは、こうしたiPhone Xならではの基本操作や、いわゆるTips(使いこなしのコツ)を紹介した記事をまとめてみました。


iPhone XがこれまでのiPhoneと違う点をまとめてみた



まずは基本操作を(自らもちょっと試行錯誤しつつ)まとめてみた、いーじまさんの記事から。電源オン・オフやApple Payの支払い操作など、サイドボタン(従来の電源ボタンですが、iPhone Xではそれ以外の機能も持つのでこう呼びます)を使う操作、そしてXで初期設定が変更された着信音の違いなどまでがまとまっています。

iPhone X開封の儀。ホームに戻る、タスクや通知表示はこうなった(動画)



こちらはEngadget編集部の津田さんが動画にて基本操作を紹介。タスク切り替えのリスト表示などは「だいたい画面中央までスワイプ」と言われていますが、この動画を見ると具体的な操作がわかりやすいはずです。

iPhone Xのアプリ切り替えは「革命的」にラク

「iPhone Xで消えたバッテリー%表示」を確認する方法



小口さんによるワンポイントTipsを2つ。iPhone Xで知っていると手放せなくなる「起動してるアプリの一覧(タスクリスト)を経由せずにアプリを切り替える」方法と、ホーム画面で確認できなくなったバッテリー残量の%表示を確認する方法です。

双方とも便利なので、覚えておいて損ははないですよ。

iPhone XのFace ID、登録時のコツは鼻先の動き



ACCNこと矢崎さんによる、実はとても役に立つ、Face ID登録時のコツ紹介です。Touch IDもそうなのですが、人によってはなぜか登録がしにくいこともあるのが生体認証。購入前に意識しておくと便利です。


iPhone Xでスクショ、「凹の切り欠き」はどうなる?



ゲームプレイやちょっとした画面メモに必須となったスクリーンショット(スクショ)機能ですが、こちらもホームボタンがなくなったことで操作が変わりました。そして気になるフロントカメラの切り欠きはどうなるのか、チェックしてみてください。


iPhone X「アニ文字」の使い方。サクサク顔認識、気軽に使えます(動画)



iPhone Xを手に入れたら一度は見て欲しいのが、3Dの顔文字が自分の表情に合わせて動く「アニ文字」。難しそうにも思えますが、実はちょっと遊ぶだけなら、とても気軽に使える機能。動画で津田さんが紹介します。

iPhone Xを入手したら、ワイヤレス充電をぜひ試してみて欲しい



iPhone 8とPlusにも共通していますが、使ってみたユーザーから「ここまで便利だったとは」との声を聞くのがワイヤレス充電。現状では急速充電が可能なパッドが限られており、Apple純正の『AirPower』も2018年発売と製品選びは若干難しい状況ですが、このレポートを読むと使ってみたくなるはず。

iPhone XのFace IDはネコでもロック解除できる?実際に試してみたら予想外の展開に



ハロウィーンの夜、iPhone Xで一人さみしくFace IDの実力を試した(石川温)



これは番外編的な2本。条件が良ければまさに一瞬で人の顔を判別できるFace IDですが、では動物の顔や、仮想してみた場合はどこまで判別が可能なのでしょうか。ぜひこれらのレポートを読んで、どこまでいけるのか確認してみてください。