1年を締めくくるはずの日本の相撲界の九州場所は、場外で“大乱闘”が続いている――。

 横綱・日馬富士の幕内・貴ノ岩に対する暴行問題だが、事件発生から1か月が経とうとするが、深層はいまだ闇に包まれたままだ。

 それどころか、加害者の日馬富士周辺と被害者の貴ノ岩周辺の証言に、様々な食い違いが表面化。事件を取調べ・検証する鳥取県警は、年内にも日馬富士を書類送検すると見られるが、事件の焦点は、貴ノ岩の親方、貴乃花や相撲協会の対応や動向に絞られてきた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

貴乃花のつぶやきに動揺する力士

 「横綱や大関が稽古している時間、土俵に顔も出さずに支度部屋で寝ている関取衆がいることに『稽古もしないのによく本場所で勝てるな』と、貴乃花巡業部長が感心しています」

 昨年、岡山県倉敷市で行われた大相撲の秋巡業で、三役以下の力士の支度部屋前に、“貴乃花のつぶやき”のような異例の注意事項が張り出され(玉の井巡業副部長=元大関・栃東の名前で)、力士らは当惑した。

 日本角界の幕内力士42人のうち、半数以上を占める最大勢力にまで伸し上がったモンゴル出身の力士たち。中でも一番に反応したのは横綱の日馬富士だった。

 「強くなりたいという自覚があればいいこと。それをいちいち、紙に書かれないといけないなんて」

 若手力士の養成を担う横綱としての責務からか、あるいは「稽古もしないのによく本場所で勝てるな」と言われ、その貴乃花の“真意”に反発を抱いたからか、このような反応を示した。

 「貴乃花が白鵬や日馬富士など一部のモンゴル大物力士を毛嫌いしている」(角界関係者)と言われる一方、“八百長の噂”が絶えない日本の相撲界。現役時代からガチンコで理事である今も、協会の腐敗体質を批判してきた貴乃花。

 貴ノ岩など自身の部屋の力士に立ち入りを禁止したモンゴル会やそれを取り巻くモンゴルマフィアなどの黒い噂が流れる中、白鵬や日馬富士など角界で最大勢力に膨れ上がったモンゴル力士界を引っ張っている当人らにとっては、耳障りな貴乃花のつぶやきだったに違いない。

 場所前の同郷人同士の飲み会で上下関係を強いられ、どこまでガチで相撲を取れるのか――。

 親方を超え、他の部屋の先輩力士が説諭するのか――。

 モンゴル人同士の対戦、まさか、八百長なのか――。

火の手は川の両岸から上がる

  角界全体にも言えることだが、貴乃花だけでなく周囲からもそういう疑惑がついて回っていたのは否定できない。

 そんな中、外国人力士の日馬富士や貴ノ岩が起こした事件を発端に、「いや、手を出したのは貴ノ岩が先だ、夏の巡業で同郷の力士を殴った・・・」などなど、火の手は川の両岸から上がっている。

 今回の日本角界の大きなスキャンダルは、彼らの母国・モンゴルをはじめ、海外メディアでも報じられ、その幕引きに注目が集まっている。しかし、報道のあり方には、温度差がある。

 英国やフランスなど欧州でも人気のSUMO。欧米メディア(英国の有力紙、ガーディアン紙など)は、これまでの日本の相撲界のスキャンダルを取り上げ、協会の隠蔽体質、暴力問題、さらにはヤクザとの関連も深い野球賭博や八百長問題がいまだ、改善されずにいるという協会の構造的問題を突いたものが多い。

 一方で、外国人力士でありながら、現在、3人の横綱を輩出し、本国ではスーパースターである彼らが、不祥事などで人気が低迷してきた日本の相撲界を引っ張ってきた自負のあるモンゴルでは、日本の相撲界や貴乃花の対応への批判が目立つ。

 最大手のオドリィーン・ソニン紙は、「酔っ払いのけんか」などと、日馬富士と貴ノ岩を非難し、白鵬や日馬富士に挑発的な言動、行動を取った貴ノ岩にも一定の非があるとの見方を示す一方で、人気が急落した日本の角界は、モンゴル人の活躍で復活したと強調。

 その上で、日馬富士に対する引退説や強い批判は、「日本の大相撲を席巻するモンゴル勢への日本人のやっかみで、(日本は)こうした暴力問題を待ち望んでいた」と反発。

 さらに、最近、人気の高い有力ニュースサイト「メデー」は、「貴ノ岩の親方が、相撲協会理事長ポストを狙い 日馬富士を利用」との見出しで、貴乃花が、謝罪に訪れた日馬富士に応じず、問題が深刻化したのは、貴ノ岩と貴乃花の責任が大きいと糾弾。

 さらに、貴乃花が念願の相撲協会での次期理事長選(来年3月)で勝利するため、暴行問題を政治的に利用しているとの批判記事を掲載した。

 もし、例えば、日本人選手が多く進出する米国の野球界で同様なことが起きれば、当然、日本のメディアは、モンゴルのメディアと同じような論調で報道するだろう。

 肝心なのは、モンゴル国民の感情の問題だ。

日本に親近感を抱くモンゴル人

 モンゴルは、ロシアと中国に挟まれたモンゴル高原北部に位置する内陸国。北東アジアの安定にとって、地政学的な面だけでなく石炭、ウラン、レアアース、レアメタルなどの豊富な地下資源に恵まれ、日本の資源エネルギー確保の観点からも重要なパートナーだ。

 日本の約4倍の国土面積(約157万平方キロ、モンゴル国家統計庁、NSO)に、人口の4割強の約140万人が首都ウランバートルに住んでいる。

 建国の父、チンギス・ハーンとその後継者は,アジアやヨーロッパにまたがる大帝国を築き、チンギスの孫、フビライ・ハーンは、日本に2度襲来(元寇)し、その猛威を奮ったのは歴史に知られるところだ。

 そのモンゴルにも国技の相撲がある。「ブフ」と呼ばれる競技だ。モンゴルでは毎年7月に国民的なスポーツの祭典「ナーダム」が開催され、ブフの王者は、まさしく国民的な英雄と称される。横綱・白鵬の父はそのナーダムで6回の優勝経験のある大英雄だ。

 同じ相撲を国技に持つ両国はこれまで良好な関係を築いてきた。日本は、1990年以降の社会主義から民主化後の最大の援助供与国である実績とともに、近年の日本の角界でのモンゴル人の活躍で、モンゴル国民の間に日本への親近感が急速に広がってきた。

 一方、モンゴルは日本人にとっても、筆者の大先輩である作家の司馬遼太郎や開高健ら、壮大な自然、歴史、文化を備えた国として愛されてきた。

 モンゴルは、アジアの中でも極めて、親日的国家なのだ。

 近年、在モンゴル日本大使館が行った世論調査でも、「日本に親しみを持つ」とした回答が全体の7割を占めるほか、ロシア、米国、中国を抜いて、「最も親しくすべき国」に日本がトップとなった。

 日本は、「経済・技術力が高く」「豊かな伝統と文化、美しい自然」「民主的国家」と評価されている。

力士の品格が疑われる今回の事件

 貿易関係では中国が台頭していても、時は流れても、日本は黄金の国「ジパング」であってほしいという憧れは、今でも健在だ。

 品格を持って力士の模範であるはずの横綱が、相手に暴力を奮うことは決して許されることではない。

 角界最高位の地位や技、立場に相応した「(士)師の心」で、後輩力士の言動を諌め、それを貴ノ岩が自覚していれば真摯に受け止め、今回のような悲劇的な結果を生まなかったのではないか、と残念にも思う。

 一番の問題は、現役横綱の日馬富士が暴力を奮った事実だ。

 しかし、今、その肝心な論点からかけ離れ、両岸から互いが都合のいい情報を垂れ流し、彼らによって、“子供のけんか”だったのを(互いは問題にする気はなかった)、大人が自分の私利私欲、保身のために、政治的に利用しようとする動きが発覚し始めていることだ。

 いわば、自分の子供が学校にいるいやな先生の授業を聞くどころか、反抗し、暴言をはき、結局、先生に殴られてしまった。そのことを、自分の校長就任を目論み、懇意にしてくれる医者やメディアを利用し、問題を大きくした。

 その親は自分の子供に対する監督、教育不行き届きを棚に上げ、1人、仁王立ちして、刀を振り回している、というところだろうか。

 嫌いな先生を辞めさせたいのだろうが、このままでは自分の子供も潰されるということが分からないようだ。

今までの不祥事の経験が生かされず

 そもそも、角界最高位の横綱の土俵入りには、五穀豊穣と平安の祈念が込められている。横綱にはそういったことから、「心技体」で、すべての力士の模範となり得る威厳で、しかも高貴な品格が求められてきた。

 今回の横綱の暴行は最高位の称号に全く値しない愚行だ。これまでの不祥事での教訓が全く生かされていない。

 徹底的に自らの膿も出し、日本相撲協会は、喧嘩両成敗の日馬富士と貴ノ岩のみならず、問題を早々に解決せず指導力と誠実さに欠けた大横綱の白鵬や親方、協会関係者全員に厳しい処分を科すべきかもしれない。

 世間から見れば、”子供のけんか”でお互いプロの力士。情状酌量の余地と見なされるが元来、相撲は神事であるからゆえ、他の格闘技などのスポーツとは一線を画す。それはモンゴルでも同じだ。

 日本を黄金の国と憧れるモンゴルの人たちに、「最も親しくすべき国」と尊敬される日本。毅然とした姿勢で対応してこそ、尊敬に値する国としての「日本の品位」を取り戻すことができるのでは――。

筆者:末永 恵