エジプト「クフ王の大ピラミッド」でも 光触媒が大活躍ってホントですか?

写真拡大

1967年に酸化チタン光触媒を発見した、東京理科大学学長の藤嶋昭氏。毎年、ノーベル化学賞候補にノミネートされている日本を代表する化学者だ。
その藤嶋氏が、ついに2017年度「文化勲章」を受章した。
今年で「光触媒」は発見50周年を迎える。その記念すべき年に『第一人者が明かす光触媒のすべて』が本日11月23日に発売される。「文化勲章」受章まもないタイミング、「発見50周年の永久保存版」「わが人生の集大成」ということで注目が高まっている。
東海道・山陽新幹線「のぞみ号」の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建て、日光東照宮の「漆プロジェクト」から、ルーブル美術館、クフ王の大ピラミッド、国際宇宙ステーションまで、光触媒の用途はとどまることを知らない。日本だけでなく世界へ宇宙へと広がっているのだ。
2020年東京五輪で「環境立国」をうたう日本にとって、光触媒は日本発の世界をリードするクリーン技術の生命線。酸化チタンに光が当たるだけで、抗菌・抗ウイルス、防汚、防曇、脱臭、大気浄化、水浄化など「6大機能」が生まれるので世界中で重宝されている。
これからの時代、文系、理系を問わず、光触媒の知識が少しあるだけで、あなたは羨望の眼差しを受けるかもしれない。
知られざる光触媒の最前線を、第一人者の藤嶋氏に語っていただこう(構成:寺田庸二)。

エジプトでも普及した理由

 さらに、光触媒を長年研究してきた者として大変うれしかった活用事例は、エジプトのギザにあるクフ王の大ピラミッドのすぐ隣に作られた作業用テントの外膜に光触媒テントが使われたことです。

 これは、ピラミッドに隣接して副葬されたクフ王の船(通称「第二の太陽の船」)の発掘・復元作業のためのもので、早稲田大学名誉教授の吉村作治氏(現在:東日本国際大学学長)が1987年にその存在を確認して以来、発掘調査が行われました。

 作業用テントは二重膜構造となっており、外膜に酸化チタン膜材が使われています。
 
 エジプトの強烈な日射しを約80%反射し、テント内の室温の上昇を抑制する効果があり、空調設備がない状態でも外気温より4〜5℃低い環境を作り出すことができます。

 また、セルフクリーニング効果で世界遺産の美観損失を最小限に抑えることにも貢献しています。

 復元作業が終わった現在も、エジプト考古学最高会議に寄贈されて、引き続き貴重な文化財の保存処理施設として利用されています。

『ピラミッド―その歴史と科学』(かこさとし著、偕成社)という絵本を一番の愛読書としている私にとっては、非常に感慨深い活用事例のひとつです。

 光触媒を発見して今年で50周年。いまや東海道・山陽新幹線の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建てからクフ王の大ピラミッド、ルーブル美術館、国際宇宙ステーションまで、その活躍の場は多岐に及んでいます。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)