韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と中国の王毅外相が北京で会談した。握手を交わす両外相=22日、北京(聯合ニュース)
(END)
【ソウル聯合ニュース】中国を訪問中の韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は22日、北京で同国の王毅外相と会談し、来月中旬の文在寅(ムン・ジェイン)大統領訪中を調整することで合意した。

 韓国外交部によると、会談では文大統領の訪中に関する内容のほか、韓中関係発展の方向性、朝鮮半島問題などについて虚心坦懐(たんかい)に意見交換が行われた。

 文大統領の訪中は国賓待遇の方向で調整が進められる。両外相は文大統領の訪中が両国関係改善の流れの強化・発展に向けた重大な契機になるとの認識を共有した。準備期間は短いものの、文大統領の訪中が成功裏に終わるよう具体的な協議を進め、関係当局間の緊密な意思疎通を図ることで合意した。

 また、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備を巡り冷え込んだ韓中関係の改善に関し先月発表した関連協議の結果や最近の両国首脳間の協議の内容を誠実に履行し、両国関係を実質的な戦略的パートナー関係に発展させるための努力を傾けることでも一致した。

 康氏は、両国関係の改善に向けあらゆる分野で全力を尽くすことを希望するとした上で、「文大統領が訪中する前に、韓国企業の中国での活動における困難が解消され、以前のように人的交流が活性化されることを期待する」と述べた。これに対し王氏は両国間の交流活性化に向け積極的な措置を取ることを提案した。

 両外相は、両国関係の安定的な管理と発展に向け外交・安保当局間の多様なレベルの戦略対話を強化することにした。その一環として、外相間で頻繁に意思疎通を行うことができる体制も強化していく。

 北朝鮮核問題については、対話を通じた平和的解決の立場をあらためて確認した。また、全ての外交的手段で朝鮮半島の安保を安定的に管理し、来年の平昌冬季五輪・パラリンピックを「平和の五輪」として開催するため緊密に協力することで合意した。

 王氏は、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議履行に対する中国側の意思をあらためて示すとともに、対話に向けた環境作りのために外交的努力を続けるとの中国政府の方針を明らかにした。康氏は中国側の努力を評価しながら、韓中が北朝鮮の挑発を抑止し、局面転換に向けた環境を整えるために共に努力する必要があると述べた。