「V・ファーレン長崎 HP」より

写真拡大

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)史上に残るといわれる奇跡が起こった。

 地方の弱小クラブであるV・ファーレン長崎がJ1昇格を果たしたのだ。11月12日付朝日新聞の九州版は、一面トップでこの快挙を伝えた。

 今年に入り深刻な経営難に陥ったが、地場企業のテレビ通販ジャパネットホールディングス(HD)の創業者、高田明氏がV・ファーレンの社長に就任して再生させた。1部リーグ(J1)昇格を決めた日、選手たちに胴上げされた高田氏は「長崎の奇跡!」と、あの甲高い声で叫んだ。

 今年3月、V・ファーレンの経営危機が表面化した。累積赤字が3億円を超え、給与を支払えない事態に追込まれた。Jリーグでは債務超過に陥ったクラブや3期連続赤字を計上したクラブは、J1およびJ2で戦うライセンスを得ることができない。債務超過への転落を回避しないかぎり、長崎はJ3に降格し、プロのチームとして活動するのが困難になる。

 選手に給与が払えない事態もあり得ると知った高田氏は、迷わず支援を表明。3年間で10億円以上の資金投入を表明した。

 V・ファーレンは2004年、長崎県島原半島にある有明町(現島原市)で活動していた有明SCと国見高校OBを中心につくられた国見FCが合併してできた有明サッカークラブが前身。05年にJリーグ入りを目指すチームとしてV・ファーレンに改称した。V・ファーレンはオランダ語のVAREN(航海する)などの言葉を組み合わせた造語だ。

 日本フットボールリーグ(JFL)などを経て、13年からJ2に参戦した。この時から高木琢也監督が率いるようになった。同監督は国見高校出身で、サンフレッチェ広島で活躍した。元日本代表FWとしてヘディングを武器に得点を重ね、「アジアの大砲」と呼ばれた。

 高田氏は1986年に佐世保市で小さなカメラ店を創業。その後、テレビショッピングに進出。ジャパネットたかたの通販番組に自ら出演し、甲高い声と独特のしゃべりでお茶の間の人気者となった。

 持ち株会社ジャパネットHDの16年12月期の売上高は1783億円。家電に強く、テレビ通販のトップだ。15年に長男の旭人氏に社長の椅子を譲った。

 高田氏はウェブサイト「A and Live」を立ち上げ、“人を元気にする活動”を始めた。V・ファーレンの経営危機が取り沙汰されると、「長崎から元気印をなくすのは大きな損失」として再生に乗り出した。意思決定を迅速にするために、クラブ運営会社の株式を買い取り、ジャパネットHDの100%子会社とした。

 4月25日の株主総会で高田氏はV・ファーレンの社長に就任。就任時は4勝4敗1分けの9位だったが、それ以降は19勝6敗7分けと上昇気流に乗った。8月末からクラブ新記録の12連勝で駆け抜けた。

●高田明氏の経営力が奇跡をもたらす

 外国選手を含めた大型補強は一切行わず、監督やスタッフの交代もしなかった。職場環境の改善に重点を置いた。

 テレビショッピングで培ったマーケティング手法やさまざまなアイデアを駆使して観客を動員した。試合前に家電のチャリティオークションを行うなど、観客が楽しめる企画を実施。観客が増えれば選手や監督・コーチのモチベーションが高まるからだ。さらに、元五輪陸上選手の為末大氏をフィジカルアドバイザーに招いた。

 事務局に対しては業務の質と効率を重視するよう指示し、不足している人員を補充した。ことサッカーに関してド素人社長は、社員が気持ちよく働ける職場環境づくりに邁進した。

 3月ごろにはクラブが消えるかもしれないとの不安に怯えていた選手やスタッフが、元気印社長の登場で前向きになり、戦う姿勢をとった。

 地元紙の西日本新聞は11月12日付記事で、経済的支援とテレビの通販番組で培った「対話力」でクラブを救ったと報じた。

「『スポーツを通してみんなを元気にする。ビジネスもそう。人を幸せにすることを起点に考えれば難しくない』。9月には長崎県佐世保市の自宅でバーベキュー会を開き、選手と一緒にカラオケを熱唱。村上祐介主将は『この人のためにも戦おうという雰囲気になった』と振り返る」(西日本新聞記事より)

 これがJ1昇格という奇跡をもたらす原動力となった。11月11日のホーム最終戦は本拠地・トランスコスモススタジアム長崎が過去最多の2万2407人で埋めつくされた。

 高田氏は、奇跡は一過性で終わることを百も承知だ。J1へ昇格したチームのいくつかは、翌年にJ2へ降格している。長崎もJ2に逆戻りする可能性がある。J1にとどまって戦い続けられるかどうかは、資金力が勝負と見ている。

 2016年度のサッカークラブの事業規模を表す営業収益(売上高)は、浦和レッズの66億6600万円が最高だ。一方、J1に所属するクラブの平均は36億4000万円。V・ファーレン長崎の17年1月期決算は営業収益が7億4900万円、最終損益は1億3800万円の赤字。累積赤字は3億2400万円に膨れ上がった。資本勘定は1300万円の黒字で、かろうじて債務超過を免れた状態だった。高田氏が再生に乗り出し、収支を均衡する体制を整え、債務超過の危機を乗り切った。

 J1で戦い続けるには観客動員数2万人以上、営業収益20億円が必要だ。J1で1ケタ台の営業収益のクラブは1チームもなく、ましてや赤字経営のクラブはない。V・ファーレン長崎の営業収益はJ2の平均(13億1300万円)を大きく下回る。しかも赤字経営だ。

 そんな弱小クラブがJ1に昇格した。Jリーグ史上に残る奇跡といわれるゆえんだ。J1で勝つには、有力選手を補強して、なおかつ赤字にならないように経営を安定化させなければならない。高田氏は自らトップセールスに乗り出し、多くの企業にスポンサーになってもらうつもりだ。

 高田氏はサッカーのFIFAワールドカップなどをテレビで観戦するほどスポーツ好きだ。2年をかけて選手、スタッフ、サポータが一体になるクラブにしていく。「将来は、J1の首位争いに食い込めるようなクラブにしたい」と高田氏は夢を追い続ける。
(文=編集部)