パーティーにもぴったりな、トマトのチーズフォンデュ【平らな国と山の国】

写真拡大 (全5枚)

チーズフォンデュが大好きなスイスの人たち。時には目先のかわったものも楽しみます。例えば、フレッシュなトマトを加えたチーズフォンデュ。やはりトマトのおかげか、すっきりとした味わいです。具のバリエーションも、いろいろとイマジネーションの翼が広がります。
すっきりおいしいトマトのチーズフォンデュレシピ
スイス人は、前菜もサラダもなく、ひたすらフォンデュを楽しみます。その場合、ひとりあたりのチーズ分量の目安は200g。サイドディッシュをいろいろと揃えるなら、ひとりあたり100gくらいでも。
<材料>(2〜4名分)
・グリュイエール、エメンタール、コンテなどのチーズ あわせて400g・コーンスターチ 小さじ2・トマト 大なら1個、小なら2個 ざく切り・白ワイン 120奸Δ砲鵑砲 ひと片 みじん切り・バター 少量
<作り方>
1.チーズをおろして、コーンスターチをまぶしておく。 2.普通の鍋を火にかけ、バターでニンニクを香りがでるまで炒める。 3.2にざく切りのトマトを加えて軽く炒めてから、白ワインをいれて沸騰させる。

4.3におろしたチーズを3回くらいにわけて入れる。毎回チーズが完全に溶けて水分としっかりとなじむまで、よく混ぜる。 5.4をフォンデュ鍋に移し、卓上コンロにかける。弱火で保温しながら、シリコンのへらや木べらなどで、チーズが焦げないようにときどき鍋底からかき混ぜる。鍋の側面にこびりついたチーズもよくかき落とす。

今回の具は、

グリッシーニに生ハムを巻いたものチコリ、マッシュルーム、カリフラワー、ズッキーニ

じゃがいものオーブン焼き(オリーブオイル少量をまぶし、タイムと一緒にオーブンで焼く)オリーブアンチョビパン(今回はオリーブ入りのパン)
チコリやグリッシーニは、直接チーズをたっぷりとすくって。生のカリフラワーやマッシュルームは歯ごたえもよく、少しナッツのような風味。じゃがいもとアンチョビを一緒にフォンデュフォークにさしてチーズをたっぷりとからめたものは、うま味倍増で辛口の白ワインにぴったりです。
これからの季節、スパークリングワインを片手にパーティーのおつまみにも。想像の翼をひろげて、いろいろな具材と一緒にお楽しみください。