ペプシからクリスマスシーズンに合わせたコーラ、「ペプシクリスマスコーラ」が2017年11月21日(火)より季節限定で登場しました。公式ページのアナウンスによると、ペプシクリスマスコーラは「クリスマスケーキのクリームを彷彿させる味わいと甘酸っぱいストロベリーの香りの白いコーラで、炭酸の需要が高まるクリスマスシーズンや年末の気分を華やかに盛り上げます」とのこと。はたしてどんな味に仕上がっているのか、実際に飲んでみました。

「ペプシクリスマスコーラ」クリスマスケーキ風味の白いコーラ季節限定発売 | ニュースリリース | サントリー食品インターナショナル

http://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0596.html

「ペプシクリスマスコーラ」を買ってきました。外観からもわかる、完全に「白いコーラ」になっています。



通常のペプシとは違い、ペプシクリスマスコーラは全体的に白いデザインになっており、中に入っている白いコーラと相まって「雪」のような印象。さらに、白地に赤のカラーリングやトナカイ、ツリー、雪だるまなど、クリスマスらしいモチーフがレイアウトされています。



ペプシクリスマスコーラの原材料は果糖ぶどう糖液糖や香料、酸味料など。レギュラーのペプシコーラに含まれている「砂糖」は含まれていませんでした。その他の原材料に大きな違いはなく、どれだけ味に差があるのか気になるところ。内容量は490mlで、レギュラーのペプシコーラの500mlと比べると10ml少ないということになります。



カロリーは100mlあたり43kcal。1本あたり内容量490mlなので、約211kcalです。



中身を移してみました。開けた途端に甘い香りがし、ソーダとドライフルーツの苺を合わせたような香りが漂います。



見た目は、向こう側が透けて見えないぐらい、白く濁っています。



レギュラーのペプシコーラと並べてみました。



同じコーラの仲間とは思えないほど、全く色が違います。



レギュラーのペプシコーラは、コーラ特有のスパイスのような香りがして、甘みの中にわずかに酸味があります。



一方のペプシクリスマスコーラは、ドライフルーツの苺のような香りがします。味には甘みがあり、レギュラーのコーラと違って酸味がないので、「コーラ」というよりは「サイダー」に近く感じました。レギュラーのペプシコーラとは全くの別物に仕上がっています。編集部員の間では、トンボ飲料の「シャンメリー」や、子供用ノンアルコールシャンパンに近いという意見もありました。



ペプシクリスマスコーラは、全国で税込み151円で発売中。期間限定なので、気になった人は早めに味わっておいたほうが良さそうです。