【22日のJ移籍動向】元日本代表DF坪井が湘南を退団 横浜FCは小宮山ら6選手と契約更新せず

写真拡大

一時代を築いたDFが3季過ごした湘南に別れ 「僕のサッカー人生のなかですごく大きな財産になりました」

 今季のJ2リーグで優勝し来季J1に昇格する湘南ベルマーレは22日、元日本代表DF坪井慶介と今季限りで契約満了となることを発表した。

【一覧】J1・J2・J3リーグ「退団・戦力外選手&新加入選手」

  坪井は福岡大から2002年にJ1浦和レッズに加入。ルーキーイヤーからリーグ戦30試合に出場し、同年の新人王を獲得すると、翌年にはジーコ監督率いる日本代表にも招集されるなど、一躍Jリーグ屈指のDFとしてその名を轟かせた。

 黄金期を迎えた浦和の最終ラインを支え、06年にはドイツ・ワールドカップに出場。順調にキャリアを重ねたが、次第に負傷との戦いとなり、出場機会を失うようになっていく。そして14年限りで浦和を退団、湘南に新天地を求め3シーズンを過ごした。

 退団にあたり坪井は、「ここで過ごした時間は、良いことや楽しいことばかりではなかったですが、監督、コーチ、メディカルスタッフ、チームスタッフ、フロントスタッフ、そしてサポーターの皆さんと日々努力できたことは僕のサッカー人生のなかですごく大きな財産になりました」と、チームを取り巻く全ての人に感謝の言葉を述べた。それに対してクラブも公式ツイッターで、「最年長選手ながらトレーニングでは常に全力で取り組む姿勢を見せてくれた坪井選手。湘南ベルマーレに貢献してくれた3年間を忘れることはありません」と惜別のメッセージを送っている。

 J1通算315試合1得点の実績を誇るDFだけに、今後の動向に注目が集まる。

横浜FCは寺田、津田、北野らも契約満了

 また、横浜FCは同日に6選手との契約満了を発表。元日本代表候補のDF小宮山尊信をはじめ、MF寺田紳一、FW津田知宏、GK北野貴之、MF野崎陽介、DF楠元秀真が今季限りで退団する。

 レノファ山口はFWレオナルド・ラモス、MFマルセロ・ビダル、DFパク・チャニョン、DFアベル・ルシアッティの4選手、ギラヴァンツ北九州はFW小松塁、DF石神直哉、DF弓崎恭平、DF梶原夕希也の4選手、FC岐阜はFWクリスチャン、DFヘニキの2選手との契約満了が発表されている。

【一覧】J1・J2・J3リーグ「退団・戦力外選手&新加入選手」

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images