白鵬が立ち合いの不成立を執拗に主張 23日にも審判部で協議する考え

ざっくり言うと

  • 22日、敗れた直後に白鵬が立ち合いの不成立を主張する異例の一幕があった
  • 横綱らしからぬ態度に、山科審判長は23日にも審判部で協議する考えを示した
  • 八角理事長も「白鵬の勘違い。自分で判断しては駄目」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング