今回もカマキリ先生はキレッキレ!/(C)NHK

写真拡大

2018年1月1日(月)に「香川照之の昆虫すごいぜ!特別編 『カマキリ先生☆マレーシアへ行く』」(朝9:00-9:45)が、NHK Eテレで放送されることが分かった。

【写真を見る】珍しい昆虫探しに、夢中で草むらを見詰める香川照之/(C)NHK

同番組は、香川照之扮(ふん)する“カマキリ先生”が昆虫への熱過ぎる愛を語る「昆虫すごいぜ!」シリーズの新作。

今回は、昆虫が少なくなる冬の日本を飛び出し、番組初の海外ロケに挑戦。マレーシアの熱帯雨林で課外授業を開講する。

香川は、マレーシアの国蝶「アカエリトリバネアゲハ」や、巨大な角を持つ「アトラスオオカブト」、さらに、枯れ葉や花に擬態するカマキリの仲間たちの捕獲を目指し奮闘。しかし、今まで日本で虫捕りをしていた香川に、海外の虫たちは厳しかった…。

今回で第5弾になる同番組について、香川は「海外に行くことになるとは…NHKはやっぱりすごいですね。日本の冬で、昆虫が幼虫や卵の時期をじっくり見るのもよいですが、こうやってマレーシアにきてみると、この時期に蝶が飛んでいたり、いろんなバッタがいたり、まだ虫と一緒にいられる幸せを感じています。それも、この番組が続いてくれたおかげ」と感謝の気持ちを大きいそう。

さらに、「前回までは、スタッフのロケハン能力の高さもあり、偶然も作用して、目的の昆虫に出合えてきました。しかし、探せば見つかるというのは大間違いで、広い自然の中に狙った昆虫がいるはずの場所を見つけ、さらにそこで本当に昆虫に出合えるというのは実は奇跡的なことでだからこそ、出合えたときの感動が大きいんです。

決して“ヤラセ”なしの、ガチの虫探しですから。もう、私にとっては、昔の電波少年みたいなもんです(笑)。今回も大変でした…」と撮影を振り返る。

そして、「マレーシアのキャメロンハイランドで主にロケをしました。首都のクアラルンプールからは遠い標高1500mの高地なんですが、そこの3大名物ともいわれている、コケの山、ラフレシアの花、紅茶畑、このうちの2つを見ることができました。

これも昆虫を探して奥地に行ったおかげ。14時間カマキリの頭をかぶっただけのことはありました!」と熱く見どころを語った。

最後に、番組を見ている子どもたちに向けて「新しい年を迎えて、ことしも昆虫が皆さんの隣にいて、その昆虫たちから学ぶことができるよう、全力でサポートしていきたいと思っています。さぁ、皆さん、私のように、虫取り網を片手に昆虫をどんどん捕まえて、いろんなことを学びましょう!」とコメントした。(ザテレビジョン)