▽カターレ富山は22日、MF北井佑季(27)、FW中西倫也(25)との契約を満了することを発表。両名とも契約期限は今シーズン限りとなっている。

▽神奈川県出身の北井は、2015年から富山でプレー。今シーズンは明治安田生命J3リーグ第32節終了時点で25試合に出場。天皇杯では2試合に出場していた。通算ではJ2で64試合5ゴール、J3で59試合6ゴール、天皇杯で7試合4ゴールを記録している。

▽中西も、2015年から富山に所属。今シーズンはJFLのヴェルスパ大分に期限付き移籍していた。通算では、J3で50試合7得点、天皇杯1試合に出場している。契約満了となった両選手のコメントは以下のとおり。

◆MF北井佑季コメント

「今シーズンで富山を去ることになりました」

「在籍した三年間、チームの目標であるJ2昇格に対し全力を尽くしてきましたが、結果が伴わずこのチームを去ることは非常に残念です。カターレ富山には社長をはじめ、素晴らしい選手、スタッフ、強化部、フロントの方々が揃っています。そんなチームだからこそ、来季は目標を掴んでほしいです。皆様がこれからもカターレ富山を少しでも支えて下さることを心から願っています」

「私自身はこれからも高みを目指し、家族の幸せを掴むために更に精進して参りたいと思います。残りのシーズン、大好きなカターレ富山に少しでも恩返しできるよう、心を込めてプレーしていきます。今後ともカターレ富山の応援をよろしくお願い致します。三年間ありがとうございました」

◆FW中西倫也コメント

「富山に加入してから3年、いつも暖かく、時に厳しいサポーターの皆様やスタッフの方々、そしてチームメイトに恵まれた時間でした。このチームを去ることになりましたが、いつまでもカターレ富山のことは忘れません。3年間ありがとうございました」