大会連覇がかかる池田勇太(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<カシオワールドオープン 事前情報◇22日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
国内男子ツアーもいよいよ残すところあと2試合。現時点で賞金王の可能性を残すのはランキング1位の小平智から6位のH・W・リュー(韓国)までの6人のみとなった。昨年の賞金王で現在ランキング4位につける池田勇太は明日に開幕する「カシオワールドオープン」に昨年覇者として臨む。
【関連】土屋太鳳似の21歳!池田勇太の勝利の女神
池田と小平の差は約3,200万円。この大会の優勝賞金は4,000万円のため、優勝すれば小平の結果次第で逆転も可能だ。ゴルフの状態については「悪くはないですね」、残り試合での抱負を聞かれると「勝つだけ、そんな感じじゃないですか?」と短い言葉に闘志を込めていた。
先週は体調不良の影響で19位に終わった賞金ランク2位の宮里優作だが、今週は「完全に大丈夫です」とすっかり快復。この大会は「良い年、悪い年との差があるけど悪いイメージはない」。2012年は9位タイに入ったこともあり決して相性は悪くない。
予選ラウンドでは小平との直接対決となり、「うん、分かりやすいじゃないですか」と笑顔をみせた。「智とは回りやすいですし、智も回りやすいと思う。お互いいい感じで回りたいですね。どうせなら最終日まで。最終組で一緒に回りたいです」。この直接対決で小平との約1,400万円差を大きく縮めたいところ。今週は賞金王を争う選手たちの熱い戦いを見ることができそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>