97歳の現役囲碁棋士「碁の神様」こと杉内雅男九段が死去

  • 現役最高齢の囲碁棋士九段、杉内雅男さんが21日、肺炎のため97歳で死去した
  • ひたむきに碁に向き合う姿勢から「碁の神様」という異名をとった
  • 1978年から1984年まで、日本棋院副理事長も務めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング