画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「医療費問題にも貢献していきたい」

トーンモバイルは11月22日、シニア向け新サービスとTSUTAYA店頭でスマホをレンタルできる「おためしレンタル」の開始を発表しました。

トーンモバイルはこれまで子ども向け、シニア向けにターゲットを絞った施策を展開してきました。トーンモバイル代表取締役社長 石田宏樹氏は、トーンモバイルの利用登録ユーザー比率を公開し、10代が34%、50代以上が34%と、子どもとシニアの割合が全体の68%を占めていると述べました。

○「健康」はシニア最大の関心事 - 石田社長

子ども向けのサービスとしては、2017年7月に女性誌「VERY」とのコラボにおいて夜10時から朝6時まで子どものスマホ利用を制限する「TONE×VERY宣言」を行いました。石田氏によると、2017年10月末時点で夜10時から朝6時まで制限している割合は26%で、13才未満では制限ありが40%、13才以上では制限ありが11%とのことです。

また、2017年9月に開始したシニア向けサービス「あんしん電話」では、高齢者の特殊詐欺問題解決を目指しました。石田氏によると、11月16日現在、あんしん電話登録率は8.9%、特殊詐欺ブロック件数は10月3日以降から現在までで317件に上っています。

石田氏は、これまでの取り組みで一定の効果が出ているとして、「次のステップとして、これからはシニアや子ども自身が欲しいと思えるスマホを目指す。今回はシニアの最大の関心事である"健康"を支え、その結果国民の医療費問題にも貢献していきたい」と語りました。

●「お元気ナビ」では運動量でTポイントを獲得

トーンモバイルは2016年11月から、東京都健康長寿センター研究所 医学博士 青胗幸利博士監修のもと、「中之条メソッド」を活用した機能「ライフログ」を提供してきました。

中之条メソッドとは、群馬県中之条町の65才以上の高齢者約5,000人を対象に17年間行われた研究をもとに発案された健康法。"1日8,000歩以上のうち「中強度」の運動として「速歩き」を1日20分以上続けることが病気の予防に効果がある"としているものです。

今回この「ライフログ」をアップデートし、利用者の過去2カ月分の運動・身体活動実績から「生活習慣に関わる10の疾患」の発生リスクを可視化し、評価してグループ分けする「お元気ナビ」を追加します。

お元気ナビには個人の運動量に応じた目標歩数や目標活動量が表示され、クリアすると1ポイント、グループがひとつ上がると10ポイントなど、Tポイントが付与されます。一方、運動量が少なすぎる利用者にはすべての画面に運動を促すアラートが出るようになり、「運動をしないとスマホが使いにくくなる。スマホを使うのもいいが運動もしていただきたい(石田氏)」とのことです。

○薬の情報と服薬タイミングがわかる機能も

また、電子お薬手帳の機能を持つ「お薬ナビ(EPARKお薬手帳と連携)」も追加されます。

薬局で調剤明細書等に印刷されているQRコードを読み取ると、薬の情報と飲むタイミングが登録されます。服用時間になるとリマインドのアラームが鳴り、飲み忘れを防止できます。3日間飲み忘れると、登録しておいた家族などに通知がいく仕組みになっています。

薬を飲んだら、NFCタグ「TONEお知らせシール」にスマホをかざすだけで、薬を飲んだことを記録することができます。病気を抱えたシニアは複数の薬を飲むだけでなく、そのタイミングが薬の種類によって異なります。うっかり忘れてしまったことが原因で体調を崩すこともあり、薬を飲んだことがデータで管理できるのはありがたい機能でしょう。シニアに限らず、幼児から大人まで便利に使えそうです。「お薬ナビ」は12月以降順次サービスが提供されます。

また、シニア世代が「学ぶ」「旅行」「食事」などの会員優待サービスを受けられる「TONE福利厚生」が発表されましたが、スタート時期は未定です。

●TSUTAYA店頭でスマホをレンタルできる

さらに、TSUTAYAのCDやDVDレンタル事業で得ているノウハウを生かして、トーンモバイルのスマホを貸し出す「おためしレンタル」も開始します。スマホを使ってみたいけれど不安という人向けに、Tカードと本人確認書類のみで7泊8日無料(ただし一部店舗は有料)でスマホを借りるサービスが開始されます。

「他のMVNOサービスでもオンラインでレンタルを行っている企業はありますが、煩雑な手続きなしで対面で設定してお渡しできるのはトーンモバイルならでは」と石田氏は語ります。

貸出期間に返却できなかった場合、CDなどと同様で延滞料金が発生するとのことです。また、借りていたスマホを買い取る流れではなく、購入する際には新品を購入することになります。レンタルしている間に撮りためた写真などは基本的にGoogleフォトなどGoogleアカウントによる保存を利用することになりますが、どこへ保存するかは現在検討中とのことでした。

○スマホを使ってみたいけど不安、という人に便利

「おためしレンタル」は、12月上旬からTONE取扱店舗(一部店舗を除く。詳細は後日Webサイトにて案内)で開始。利用可能な機能は、IP電話(合計30分まで)、データ通信、高速チケット(1GB)、TONEファミリー、各種アプリとなっています。家族の見守りサービス「TONEファミリー」は細かなカスタマイズが可能なので、レンタルで実際に運用してみて、自分たち家族に適しているか試すことができる良い機会になりそうです。

そして、割引キャンペーンも発表されました。「新機種(m17)値引きキャンペーン」では現在34,800円で販売しているTONE m17を12月1日より29,800円(税別)で販売します(2018年1月31日まで)。さらに10月から行っていた「親子割(2台以上同時契約で月額6ヶ月無料)」キャンペーンを1月末まで延長します。また、12月14日には「090電話かけ放題オプションサービス(750円/月額)」もスタートするとのことです。