医療ドラマや“大人版ハリポタ”新シーズンなど Huluプレミア12月配信作、予告編&劇中カット

写真拡大

 12月に配信されるHuluプレミア作品『ピュア・ジーニアス ハイテク医療の革命児』と『フォーリング・ウォーター』のシーズン1、『マジシャンズ』シーズン2の予告編&劇中カットが公開された。

参考:動画はこちら

 12月3日から配信される『ピュア・ジーニアス ハイテク医療の革命児』は、『プリズン・ブレイク』のオーガスタス・プリュー、や『THE GREY 凍える太陽』のダーモット・マローニーらが出演する医療ドラマ。

 最先端テクノロジーを駆使し、治療が不可能と診断された患者を受け入れ完治させるべく、既成概念を捨て新たな医療技術を生み出すバンカーヒル病院を舞台に、指揮を執るIT長者の青年ジェームズ・ベルが、世界でも指折りの凄腕外科医ウォルター・ワランス医師とタッグを組み、世界最高レベルの医療を患者に提供する模様を描く。

 公開された予告編と劇中カットでは、IT長者のジェームズと凄腕医師ウォルターの年の差“異色コンビ”を捉えたものから、ジェームズら同僚たちが見守る中、本物同然のクオリティの心臓の3Dコピーを使い、複雑な心臓手術手術のシミュレーションをするウォルターの姿、さらに密かに想いを寄せる若手医師ブロケットを見つめるジェームズの姿などが切り取られている。

 12月15日から配信される『フォーリング・ウォーター』は、『28週後…』のフアン・カルロス・フレスナディージョ、『ウォーキング・デッド』のゲイル・アン・ハード『HOMELAND/ホームランド』のヘンリー・ブロメルが製作総指揮を務めたサスペンス・スリラー。

 繊細な感覚でその年の若者の流行を予想していくトレンドハンターとして働くテス、元英国陸軍特殊部隊SASの軍人で今は投資銀行のフィクサーとして働くバートン、母の介護を続けながら刑事として働くタカ。この3人が毎晩うなされる奇妙な“夢”。現実か夢か分からない狭間で、それぞれが真実を探ろうと調べていくと、面識のない3人がひとつの大きな夢の別々のパートを見ていたことが明らかとなる。なぜ彼らは同じ夢を共有しているのか……。

 一筋縄ではいかないサスペンス・スリラーを描いた本作について、ゲイル・アン・ハードは、「このドラマが画期的なのは、“夢を見る”という、誰もがすることをテーマにしていること。テレビでは観たことがないものを、きっと目撃できるはず」とコメント。

 『マジシャンズ』シーズン2は12月27日より配信される。“大人向けハリー・ポッター”と評された世界的ベストセラーをTVドラマ化した本作は、不思議な力に導かれてたどり着いた魔法学校で、知的だが気弱な青年が、瞬く間に魔法の魅力にのめり込んでいく模様を描いたファンタジー・シリーズだ。

 公開された予告編(戦い編)のでは、真っ暗闇の森の中で何者かから逃げ惑う主人公クエンティンらしき姿が冒頭に映し出される。クエンティンが切なげな表情を浮かべながら「ずっとここにいたかった…」と、“何かの終わり”を予感させるような発言も。さらには、“獣(ビースト)”と思われる得体の知れない最強の敵が、クエンティンと対峙する場面も収録されている。(リアルサウンド編集部)