肺がん手術を受けた患者3人の体内からスポンジを発見 病院長が謝罪

ざっくり言うと

  • 埼玉県立がんセンターは医療事故が3件発生したと発表し、病院長が謝罪した
  • 肺がんの手術を受けた患者の体内に内視鏡手術用スポンジが取り残されていた
  • 現在までに患者の健康被害は確認されていないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング