湘南が坪井の退団を発表。2015年から3シーズンにわたりチームを支えた。写真:徳原隆元

写真拡大

 J2の湘南ベルマーレが11月22日、プロ16年目の元日本代表DF、坪井慶介と来季の契約を更新しないことを発表した。 今年38歳を迎えた坪井は、2014年シーズン終了後に浦和レッズを退団。15年シーズンから3シーズンにわたり湘南でプレーしてきた。今季はJ2リーグ戦で5試合(0得点)の出場にとどまったが、その豊富な経験でチームを裏方で支え、1年でのJ1復帰に貢献した。 坪井はクラブ公式サイトを通じて、以下のコメントを発表している。「まず、湘南ベルマーレというクラブ、そしてそこに携わる方々に感謝しています。ここで過ごした時間は、良いことや楽しいことばかりではなかったですが、監督、コーチ、メディカルスタッフ、チームスタッフ、フロントスタッフ、そしてサポーターの皆さんと日々努力できたことは僕のサッカー人生のなかですごく大きな財産になりました。そして自分勝手ではありますが、そんな皆さんと協力、共感できた時間を過ごせたと思っています。3年間本当にありがとうございました」 坪井の略歴は以下の通り。

【プロフィール】◆氏名坪井 慶介(ツボイ ケイスケ)

◆ポジションDF

◆生年月日1979年9月16日(38歳)

◆出身地東京都多摩市

◆身長/体重179cm/70kg

◆サッカー歴鶴牧サッカークラブ → 小山FC → 付知中 → 四日市中央工高 → 福岡大 → 浦和レッズ → 湘南ベルマーレ

◆代表歴2003年〜2007年 日本代表