JR山陽本線 運転士が線路に眼鏡を落としたため運転を見合わせ

ざっくり言うと

  • 22日、JR山陽本線で、貨物列車の運転士が線路上に眼鏡を落とした
  • 緊急で運転士を交代するなどしたため、約2時間にわたり運転を見合わせた
  • また19本の列車に運休や遅れが発生し、通勤客ら約1万1000人に影響が出た

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング