至福の眠りをご褒美に。一度体感してみたい極上マットレス5選

写真拡大 (全12枚)

起床時に身体が痛い、スッキリしない、仕事中に眠くなる......その原因は、自分に合わないマットレスを使っているせいかもしれません。自分にとってより良いマットレスとの出会いは、人生の1/3の幸福が約束されたようなもの。そこで、多少値は張るけれど、ぜひほしい、ぜひ試してみたい、最高品質のマットレスを5点ご紹介します。
誰かと一緒に寝ていても、自分にフィット
パートナーや子どもと一緒に寝るなら、ライズTOKYOの「K18(ケイティーン) ラテックス360」がおすすめ。中材が天然ラテックスとクッション性の高いアンダーマットの組み合わせというハイブリッドマットレスです。

ハウスダストに含まれる、ダニのアレルゲンを低減させる特許取得のタンニン酸加工を施したコットンニットカバーで中材を包んでいるという点も特長のひとつですが、とくに注目なのがあらゆる体形、体のあらゆる部位ごとの凹凸に合わせて360°全方向に体圧と同等の力で反発するところ。これにより、親子で並んで寝ても、大人の重みで偏らずに快適に眠ることができるのです。もちろんひとりひとりの重心もほぼ一直線になるため、理想的な寝姿勢も実現できます。

パートナーがいる人は2人の記念日やご褒美に購入したり、兄弟姉妹の出産祝いに贈っても喜ばれそうですね。
「K18 ラテックス360」ダブルサイズ / 140,389(税込)
点で支え、自然な寝姿勢をキープ
サッカーの三浦知良選手、ネイマール選手、野球の田中将大選手など、多くのトップアスリートたちが愛用しているのが、東京西川のコンディショニングマットレス「エアー」シリーズ。
なかでも、プレミアムモデルの「エアーSI」は、表面にある約1860個もの凹凸が体圧を分散するから、血行を妨げにくく、圧迫感を緩和してくれます。また、特殊立体クロススリット構造により、横向き、仰向け、どちらの寝姿勢でも肉体をバランスよく支えてくれます。さらに、日本の「グッドデザイン賞」をはじめ、アメリカ、ドイツでも、そのデザイン性の高さが評価されました。

究極を求め、日々のセルフケアのために開発された「エアーSI」。快眠を求める人はもちろんのこと、身体をしっかりと休めてほしい、親へのプレゼントにしても喜ばれそう。
「エアーSI」マットレス レギュラータイプ シングルサイズ / 82,080円(税込)
雲の上にいるような至福の寝心地
やさしく包み込まれるような寝心地を体感できるのは、100年以上の歴史がある米国のキングスダウン社と、大塚家具がつくったプレミアムなマットレスブランド「レガリア」シリーズ。
なかでも注目は、レガリアプラチナシリーズの「レガリア」。体圧分散性や耐久性に優れた特殊素材と、熱がこもりにくい性質を持つ素材の低反発ウレタンを使用。また、低反発素材のDNAコイルをマットレスのコア層に使用することで耐久性や体圧分散性が維持されます。さらに、別売りの専用ボトムクッションを併用すれば通気性もアップ。一年中、快適に過ごせます。
その自信の証といえるシグネチャーカードも付いてくる、国内最高級品質を誇る「レガリア」。仕事や人生のモチベーションにつながりそうなラグジュアリーマットレスです。
マットレス「レガリア」 シングルサイズ / 1,000,000円(税込)〜 ※ボトムクッションは別売です。
アートとともに、宇宙的な寝心地を
品質はもちろんのこと、ビジュアルやデザイン性にもこだわりたい人におすすめなのが、FUTONSTARの寝具。日本の老舗布団メーカー6社を中心に、布団メーカーと布団職人たちが、クリエイターやアーティストと共に全く新しい視点で寝具を創造し、販売しているブランドです。
なかでも「AIR COMFORT」は、無重力を感じる3D加工技術により、まるで宙に浮いているような寝心地。しかもマットレスの上下左右に通気孔ができることで、ウレタンマットレスの常識を覆す程の高い通気性も実現したとか。