テイラー800&900シリーズにタバコ・サーバースト・カラー仕様がレギュラー・ラインナップで登場

写真拡大

Taylor Guitarsの800シリーズ、900シリーズおよび814ce DLXに人気のタバコ・サンバースト・カラー仕様モデルが仲間入り、レギュラー・ラインナップとして発売されることとなった。

今回タバコ・サンバースト・カラー仕様モデルが加わったのは、2014年にマスタービルダーのアンディー・パワーズによってリニューアルされたフラッグシップモデルの800シリーズと、2015年に登場した最上級モデルの900シリーズ、そして800シリーズのプレミアムモデルとして2017年に発売された800 DLXシリーズの814ce DLX。

いずれもバック&サイドはインディアン・ローズウッド、トップはシトカ・スプルース(ともに3.5ミルのグロスフィニッシュ)。ピックアップはES2で、ハードシェル・ケースが付属する。

Tobacco Sunburst 800シリーズのラインナップは、814ce、812ce 12Flet、816ce。900シリーズは、914ce、912ce、912ce 12Flet、916ce。814ce DLXとあわせ8モデルが11月20日より順次出荷予定。814ceの先行入荷に続き、12月上旬には914ce、814ce DLXが発売される。