フォードが現在開発を進める『フォーカス』セダンとハッチバック次期型のプロトタイプを、南アルプスでビデオが捉えました。ワインディング・ロードをキビキビ動くハッチバックと、優雅に走るセダンを見ることが出来ます。

次期型では、新開発「Cクラス・プラットフォーム」を採用し、ホイールベースを延長。レッグルームや居住空間が向上しています。

セダン、ハッチバックともにリアウィンドウを寝かせクーペルーフに、フロントエンドには丸みを持たせフォーカス史上最もスポーティなラインナップとなりそうです。

パワートレインは、最高出力140psを発揮する1リットル直列3気筒「EcoBoost」エンジン、150psおよび200psを発揮する1.5リットルエンジンが有力とされ、遅れてEVモデルも投入される可能性が高いようです。

ワールドプレミアは2017年内と思われます。

(APOLLO)

フォード・フォーカス「セダン」&「ハッチ」次期型の走行テストをダブルキャッチ(http://clicccar.com/2017/11/22/531992/)