画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アイ・オー・データ機器は22日、IEEE802.11ac規格の無線LANで接続できる「CDレコ」シリーズ新製品「CDRI-W24AI2」を発表した。11月末の発売を予定する。価格はオープン。店頭予想価格は税別12,800円前後。

音楽CDをPCレスでスマートフォンに取り込める、Android・iOS対応のCDレコーダー。新モデルでは、電波干渉に強く高速な5GHz帯の11ac規格に準拠し、CDの取り込み速度が高速化した。同社調べでは、60分のCDSを約5分で取り込めるとしている。外装カラーは新たにライトグレージュ、アイスグレーの2色を用意した。

CDの取り込み・再生には「CDレコアプリ」を使用。音楽を取り込む際の音質は、ロスレス圧縮 / 高音質2 / 高音質 / 標準 / 長時間の5種類を選択できる。取り込むCDのタイトル / 歌手名 / 曲名 / ジャケット画像 / 再生曲の歌詞などを自動で取得するほか、保存した曲やiTunes経由で取り込んだ曲の再生も可能。プレイリスト機能やシャッフル再生も行える。CDへの書き出しにも対応する。

また、「CDレコアプリ」では、再生中にアプリの「歌詞」ボタンを押すと歌詞が表示され、楽曲の再生に合わせてタイミング良く色が変化する歌詞機能を備える。別売のスピーカー付Bluetoothカラオケマイク「GOPPA Bluetooth カラオケマイク」と組み合わせると、手軽にカラオケを楽しむことも可能。

「CDレコ」アプリの対応OSは、Android 4.2以降、iOS 8以降で、iPhone 4S、iPad 3、iPad mini(第1世代)、iPod touch(第5世代)およびそれ以前のiOSデバイスでは動作しない。

本体サイズはW145×D168×H19mm、重量は約430g。