松岡茉優主演映画『勝手にふるえてろ』、朝井リョウ、村田沙耶香、羽田圭介、ヒャダインらが絶賛

写真拡大

 12月23日に公開される松岡茉優主演映画『勝手にふるえてろ』に、朝井リョウ、山内マリコ、ヒャダインら著名人が絶賛コメントを寄せた。

参考:松岡茉優、『コウノドリ』で訪れた転機ーー産婦人科から救命科へ、命に向き合った決断

 本作は、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさの同名小説を、『でーれーガールズ』の大九明子監督が映画化したラブコメディ。24歳まで片思いしか恋愛経験のないOL・ヨシカが、“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生・イチと、突然交際を申し込まれた会社の同期・二との“リアル恋愛”の間で揺れ動く模様を描く。

 主人公ヨシカ役で松岡が映画初主演を務めるほか、2人の彼氏を、黒猫チェルシーの渡辺大知とDISH//の北村匠海が演じている。第30回東京国際映画祭では、日本映画で3年ぶりとなる観客賞と、宝石のような輝きを放った若手キャストを選出する東京ジェムストーン賞のW受賞を果たした。

 このたび本作にコメントを寄せたのは、芥川賞作家・直木賞作家をはじめとする各界著名人。公開に先駆けて鑑賞した作品の感想をそれぞれ綴っている。

【著名人コメント一覧】

■朝井リョウ(小説家/ 直木賞受賞)この小説を映画にするってどういうことだろう。そう思っていた二時間前の自分に教えてあげたいです。綿矢さんの作品ならではの痛みも、突飛さも、もどかしさも、開放感も、形を変えて全部ちゃんと襲いかかってくるよ、と。

■村田沙耶香(小説家 / 芥川賞受賞)この映画は、すごく変で、狂っていて、とても愛おしい。ヨシカの中には、「恋」と「人間」が奇妙なまま標本になっている。その純粋さからも、いびつさからも、目が離せない。

■山内マリコ(作家)20代のころは中高時代の片想いを、おしゃぶり昆布みたいにいつまでも味わって生きながらえてた。そうでない女子なんているの!? 

■羽田圭介(小説家 / 芥川賞受賞)描いた物語を、自分の思うように語りたい。それが独り言であったとして、語られる自分もまた他者になるような反復に、揺り動かされる主人公。松岡茉優さんの、一歩引いてはいるがスレてはいない、絶妙な匙加減の眼差しが最高。

■平山瑞穂(小説家)綿矢りささんらしい原作を、実にたくみに料理して映像化したなと唸らされました。ヨシカという人のイタさが辛気くさくない形で絶妙に表現されていて、さすがイタい女を描かせたら右に出る者がない大九明子!!

■ヒャダイン(音楽クリエイター)学生時代のドブ臭さは、大人になって抗ったところでどうやっても消えないものです。映画後半の「うわ」と言わざるをえない展開は軽くヘコむレベル!「陰キャ」というのは因果なものですねえ…。

■夏生さえり(ライター)ヨシカを一言で言うなれば「愛すべき暴走ガール」だろう。彼女の暴走は尋常じゃない。まずはこの迷惑でややこしい女の子を見て欲しい。観客であるわたしまでも振り回されて、最後には好きになってしまった。悔しい。

(リアルサウンド編集部)