手嶌葵 初EP『東京』をリリース、新曲MVに森川葵が出演

写真拡大

 手嶌葵が2017年11月22日にリリースした初のEP盤『東京』の表題曲「東京」のミュージックビデオを公開した。

 東京で一人暮らしをするOLを森川葵が演じ、時には落ち込みながらも前向きに生きる一人の女性の姿を表現したストーリー仕立ての作品となっている。監督は田中のぞみが務め、繊細な心情表現や情景描写が、女性監督ならではの視点で描かれている。

 EP盤『東京』には、「東京」のほかに、手嶌作品では珍しいサスペンスドラマ『女の中にいる他人』の主題歌「赤い糸」、映画『永い言い訳』挿入歌の「オンブラ・マ・イフ」、クリスマス・スタンダード・カバー「The Christmas Song(Live)」など全7曲が収録され、充実したラインナップとなっている。現在、手嶌はワンマンツアー【手嶌葵 Concert Tour 〜J’adore chanter〜】を開催中で、今後各地で『東京』EP盤の発売イベントも開催予定だ。イベントの詳細は後日発表される。


◎「東京」ミュージックビデオ(short ver.)
https://youtu.be/jkyUGWuDxsQ

◎リリース情報
EP『東京』
2017/11/22 RELEASE
VICL-64898 1,500円(tax out.)