映画「覆面系ノイズ」で“軽音部メンバー”を演じる志尊淳、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮/撮影=大石隼土

写真拡大

「花とゆめ」で連載中の人気コミックを映画化する「覆面系ノイズ」が、いよいよ11月25日(土)より公開となる。みずみずしい存在感を持った、旬の若手キャストが集結したことでも話題の本作。そこでWEBザテレビジョンで連載中のリレーインタビュー第4回には、志尊淳(=ユズ)、真野恵里菜(=深桜)、磯村勇斗(=クロ)、杉野遥亮(=ハルヨシ)の“軽音部メンバー”がそろって登場。映画のテーマでもある、“音楽と恋”を語り合う!

【写真を見る】志尊淳らからのイジリに杉野遥亮が赤面!?/撮影=大石隼土

■ 撮影現場もみんな仲良し!志尊&磯村がギャグの言い合い

――ヒロインの繰り広げる三角関係だけでなく、バンドメンバーの築く友情と絆も本作の大きな見どころとなります。“軽音部メンバー”として共演を果たした皆さんですが、ご一緒してみての感想を教えてください。

志尊:やっぱり、真野ちゃんが一番落ち着いていました。僕たち男性陣の低レベルな会話にも合わせてくれて、まるで僕らのお姉さんのようでした。そういった意味でも、深桜役にはぴったりで。僕らのことをきっと、“子供だな”と見ていたと思うんです。でもちゃんとそこにも合わせてくれる余裕がある。さすがです!

杉野:本当に頼もしかった。姉御肌ですよね。

真野:本当にそう思ってる(笑)? 私は年下の男性とご一緒する機会があまりなかったので、“お局”的な見られ方をするのかなと思っていて…。

志尊:何を言ってるんですか!

真野:実は顔合わせのときに、三木(康一郎)監督が私の年齢をいじり出して。でも軽音部のみんなは、大人としてその話を聞いていたので“ありがとう”と思いました(笑)。撮影が始まってみると、志尊くんと磯村くんが2人でずっとくだらないギャグを言っていました。トイレに行くときも、“お花摘みに行ってくるね”とか言い合っていましたね。

――そうなんですね! 本当に皆さん、仲が良いですね。

志尊:あはは! そうなんです。一番のムードメーカーになってくれたのは、磯村くんで。

磯村:せっかくの学園ものなので、楽しい方がいいと思ったんです。みんな仲の良い役でもあるので、もっと仲良くしたい!と思っていました。実年齢では僕が年上になりますが、演じたクロはみんなより年下という設定なので、“お兄さん”という存在には見られたくないとも思って。どんどん僕から話し掛けにいっていました。

志尊:杉野くんはものすごく人見知りです。初めて会ったときには、話し掛けづらいオーラが出ていた(笑)! でも話してみたら、ものすごくかわいくて。ピュアなんですよ。

磯村:そうそう、ものすごい愛されキャラだと思う。いじりがいがあって、かわいいんですよ。

杉野:恥ずかしくなってきた…。そうやってあらためて言われると、すごい恥ずかしい(笑)。

■ 真野恵里菜、久々の歌唱に「背筋が伸びた」

――バンドのメンバーとして、楽器や歌にもチャレンジされました。

志尊:みんな何もできない状態から始まり、それぞれ3カ月くらい練習をしました。スタートも一緒で、何かを伝えようと必死に練習している姿もみんな同じ。色々な姿を見てきたからこそ、グルーブ感が生まれたと思います。磯村っちとは、2人でスタジオに行ったりもしたんです。最初はガチャガチャだったけど、すごく楽しかったよね!

磯村:すごい楽しかった! これがバンドをやる感じなんだ、音を作り上げていく感じなんだと実感できて、ものすごく楽しかったですね。個人練習を経て、みんなで合わせてみるとグッと一致団結した感じがしました。バンドの演奏シーンは、ぜひ注目してほしいです。

杉野:僕はベースを担当したんですが、みんなで音を合わせる前は、足を引っ張ってしまったらどうしようとものすごく不安でした。リズム感や裏拍もちゃんと合わせられるかなって…。でも合わせてみたら、不安より楽しさの方がずっと大きくて! やってみたら、不安がなくなっていました。

真野:私はボーカルを担当しました。もともと「ハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)」にいたので、歌の経験はあるんですが、深桜のキャラクター紹介に“バツグンに歌がうまい”と書いてあったので、プレッシャーは大きかったですね。“私で大丈夫かな”と思いました。でも、ハロプロの経験があったからこそ、この役がいただけたんだと思うととても背筋が伸びて。ハロプロを卒業してしまうと曲は増えていかないので、新しい曲を覚えて、レコーディングをしてというのも久しぶりでした。ワクワクしたし、あらためて歌の楽しさを実感することができました。

■ 球技大会、恋、いたずら…それぞれの青春を告白!

――青春のきらめきが詰まった映画となりました。皆さんが「このとき、青春だった!」と思うエピソードを教えてください。

志尊:僕は、高校生のころにはもうお仕事をしていたので、高校生らしいことはほとんどできなかったんです。楽しかったなと思うのは、球技大会かな。クラス対抗でバスケットボールで戦ったんですが、男女一緒になってすごく頑張ったんです。結果、学年で優勝することができて! みんなで一致団結したことが、青春だったなと思います。

磯村:僕はいたずらをした思い出です。僕の中ではすごく小さな、ちょっとしたものでしたがすごく怒られたんです。今思い返すと先生に怒られることもひとつの青春だなと思います。僕は結構、いたずら心があるタイプなんです。

杉野:僕は田舎の高校に通っていて、帰り道もコンビニしかなかったんです。部活帰りに“お腹すいた”と言いながらジュースを買って帰るのが、僕の青春です(笑)。

真野:高校一年生のときに、片思いをしている男の子がいました。ある日、学校に行ったらその人がミルキーをくれて。見てみたら、四つ葉のクローバーに“Happy”と書いてある包み紙で! ミルキーって何個かにひとつ、その包み紙があるんですよ。私はすごくうれしくて、しばらくその包み紙をお財布に入れていたんです(笑)。われながら、あれは青春だったなぁと思います。

杉野:それ、すごくいい話! 僕はブルーなエピソードしかないな…。小学生のときに好きな人がいたんですが、高校生になってもまた同じ人を好きになってしまったことがあります。結局フラれてしまって、そのときは落ち込みました…。

■ ユズとモモのセッションシーン。深桜とハルヨシの恋模様も見どころ

――胸キュンのお話をたくさんありがとうございます。最後に本作の好きなシーンを教えてください。

志尊:やはり音楽シーンは見応えがあると思います! 撮影よりもずっと前から練習してきたギターの成果を、ぜひ見ていただきたいです。

磯村:ユズとモモのセッションシーンは、ものすごくかっこよかったです。女性ならばキャーキャーと盛り上がってしまうこと間違いなしです。クロですか? クロの見どころは、猫耳のニット帽ですかね(笑)。前髪の出し方もポイントです。

杉野:僕は、深桜がユズに切ない言葉を言われて、走っていくシーンが好きです。ああ、切ないな…と思いました。

真野:好きなシーンばかりですが、深桜役を演じていて印象的だったのは、深桜とハルヨシ先輩の放課後の教室のシーンです。あそこのハルヨシ先輩はすごくかっこ良かった! ハルヨシ先輩の深桜への片想いにグッとくる人もいると思います。

杉野:深桜の切なさを見て、ハルヨシももっと深桜を好きになったんだと思う。ハルヨシの恋もぜひ応援してほしいです。(ザテレビジョン)