天才中学生棋士の藤井聡太四段(15)が史上最速で50勝を達成した。関西将棋会館(大阪市)で21日(2017年11月)に行われた王座戦一次予選2回戦で、平藤眞吾七段(54)との12時間半に及ぶ戦いの末、平藤七段が「負けました」と投了を認めた。

戦い終わった藤井四段が「一局一局積み重ねた結果、セツモクの数字となりました」と発言したことに『とくダネ!』の森本さやかプレゼンターが注目した。森本「セツモクって皆さん意味わかりますか?」。司会の小倉智昭「折目って書いてセツモクって読むの?」。実は、史上最速で達成した50勝の「節目」のことだった。

藤井四段が四段に昇格してから50勝まで1年1カ月で、戦績は50勝6敗。では歴代棋士たちの4段昇格から50勝までの戦績はどうだったか。

羽生棋聖でも1年3カ月

羽生善治棋聖1年3カ月で50勝16敗、渡辺明竜王2年0カ月で50勝30敗、加藤一二三(ひふみ)九段が2年1カ月で50勝17敗だった。

中学生棋士の天才ぶりには驚くばかりだが、小倉は「中学生で12時間も戦い抜く集中力、大人だってちょっとやそっとじゃ出来ないでしょう」。これに気象予報士の天達武史が「ボクは2分ぐらい、天気予報で」。