指原莉乃、“サイテー男”たちからの誕生日プレゼントに歓喜「私はアンダー65じゃないとダメ」

写真拡大

 指原莉乃とブラックマヨネーズ(小杉竜一・吉田敬)がMCを担当する配信番組『恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)の11月21日放送回では、「指原莉乃バースデーSP」がオンエアされた。

参考:指原莉乃、=LOVEの魅力とコンセプトを熱弁 「逆に今、普通のアイドルがいないんじゃないか」

 放送日に誕生日を迎えた指原莉乃をお祝いする同企画では、ゲストとしてセクシー男優の月野帯人、東惣介、モデルの山ノ内ジャン、川崎貴成、ベーシストのITARUら10名のサイテー男が出演。それぞれ誕生日にまつわるサイテーエピソードを披露するコーナーでは、エロメンの月野帯人が、芸人のミラクルひかるの誕生日会に参加した際、会場でナンパを行い参加者と枕を交わしたことから、翌年以降は呼ばれなくなったことを説明。ミラクルのことも誘ったという月野に対し、吉田が「何押しかしたらできそうだったの?」と聞くと、月野は「できますよ」と断言。すると指原は、「やめてくださいよ! 勝手に人のことを“やれるか”、“やれないか”って言わない方がいいですよ」と苦言を呈した。

 また、スケベモデル・川崎貴成が、自身の誕生日会に友人の女性を8人招き、全員に胸を揉ませてもらったという話をすると、吉田が「さっしー、その感じわかる? 友達やからこそ揉んでもいいっていう」と質問。指原が悩みながらも「乳首触られなかったらいいのかな」と回答すると、吉田が「ほなひとりだけ握手会じゃなく、もみ会しいや」とツッコミを入れた。

 ゲストのサイテー男が指原に誕生日プレゼントを渡すコーナーでは、童貞コンビの高野りょーすけと伊勢航来がレースをあしらった黒の下着をプレゼント。指原は「普通に良い!」と喜ぶと、高野は「『夢みるブラ』というシリーズで、背中部分が柔らかいからダンスにも対応できる」と解説した。ブラジャーのサイズについても、指原は「(カップ数が)『Aじゃないわ!』っていうツッコミを用意していたのに、普通に当てにきているサイズ」とコメント。さらに指原はカップ数よりアンダーバストが大切なことを説明し、「私はアンダー65じゃないとダメなんですけど、(これは)65なんですよ」と驚きを語った。

 次回の放送回では、ウーマンラッシュアワーがゲスト出演し、「成功率UPのLINEテク講座!」がオンエアされる。(向原康太)