『Forbes』誌、この1年で最も稼いだ女性ミュージシャンのランキングを発表

写真拡大

アメリカの経済誌『Forbes』が、2016年6月からの1年間、世界で最も収入が多かった女性ミュージシャンのランキングを発表した。

◆ビヨンセ画像

1位は、2016年4月に6枚目のスタジオ・アルバム『Lemonade』をリリースし、それに合わせ4〜10月に<The Formation>世界ツアーを開催したビヨンセだった。ツアーでは49公演を行ない、200万人以上を動員。2億5,600万ドル(約287億4,300万円)の興行成績を上げたと言われる。妊娠出産により、『Forbes』誌の集計期間の半分以上が休業状態であったにもかかわらず、彼女には1億500万ドル(約117億8,800万円)の収入があったそうだ。

2位は、アデル。2016年2月にスタートしたツアーが2017年6月末まで続いた。昨年度1位だったテイラー・スウィフトは3位にランク・ダウンしたが、新作のリリースやツアーがなくてもこの順位。ニュー・アルバム『Reputation』のリリースとそれに続くツアーが予定されている来年度はトップに復帰するだろうと見込まれている。

『Forbes』誌が発表した<The World’s Highest-Paid Woman In Music>のトップ10は以下のとおり。

1. ビヨンセ 1億500万ドル(約117億8,800万円)
2. アデル 6,900万ドル(約77億4,700万円)
3. テイラー・スウィフト 4,400万ドル(約49億4,000万円)
4. セリーヌ・ディオン 4,200万ドル(約47億1,500万円)
5.ジェニファー・ロペス 3,800万ドル(約42億6,700万円)
6.ドリー・パートン 3,700万ドル(約41億5,400万円)
7.リアーナ 3,600万ドル(約40億4,200万円)
8.ブリトニー・スピアーズ 3,400万ドル(約38億1,800万円)
9.ケイティ・ペリー 3,300万ドル(約37億円)
10.バーブラ・ストライサンド 3,000万ドル(約33億6,800万円)

Ako Suzuki